北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Monday, April 18, 2005

たたかう吉野家。

 某巨大掲示板でおなじみの「吉野家テンプレ」ですが。
 僕は初めてあれを見たのはゴノレゴのFLASHで、まあ普通に笑ってたわけなんだけど、一つだけ「?」となってたポイントがあった。

「吉野家って・・・そんなに殺伐としたもんか?」

 確かにオサレな雰囲気ではないし客層は若い労働者が多いけど、別に向かい側の席のやつとケンカするとか、女子供はすっこんでろとか、そこまでひどいところではないだろ、と思ったのだ。
 ところがどっこい、その認識は甘かった。僕まだケツの青いガキですた。
僕の食に対するスタンスは「食べたいときに食べたいものを余裕を持って」なので、並ぶような店や昼時の込む時間帯にどこかの店の中で食べるというようなことは滅多にしない。なんで昼時の吉野家で食べたことがなかったのだ。

 ある日、吉野屋に入ったら丁度僕が入ってきたくらいから込みだして来た。続々とお客が入ってきて、見てたら客の回転が速い速い。メニューなんかチラ見で即決。店員もメニューごときでマゴつく客はかまわず置いてくほどのテンポの良い接客振り。みんな無言で、無表情で飯をほお張っている。うまいとかまずいとか表情からはまったく読み取れない。
 高校生くらいの集団が入ってきたんだけど、当然まとまって座るスペースなんぞないから「どうする?」なんて話し合っている。店員は「空いた席から順にどうぞー」とは言っていたが、その実、店の空気としては「帰れ帰れ!ここは友達と仲良く飯の時間を楽しみたい奴の来るところではない!誰が席詰めるか!マックでも食ってろ!」といった感じであった。
 まさに時間と金を節約して栄養を得たい人のためのサービス。まさに日本のファスト・フード。純粋に食の恩恵にあずかることを目指すもののみに許された聖域(サンクチュアリ)、それが吉野家なのである。食うか食われるか、女子供の来るところでは・・あっ。殺伐としてた!そのとき初めて納得したよ。

 それはさておき、ようやくばらばらに座ることで妥協したさっきの高校生たち。ま、しょうがないよな、結局学生さんは金がないもんな、節約したいものな、・・・と思っていたらきゃつら豚丼大盛りに卵にサラダまで注文しやがるじゃないですか。そこでまたブチ切れですよ。ええ、これは昼飯に500円以上かけられる奴らへの単なる個人的な嫉妬ですよ。笑えばいいじゃないですか。金ある高校生は吉野屋なんか来るな!モスにでも行って熱々のソースこぼさないように気を使ってろ!いつケンカ始まってもおかしくないチャキチャキな空間、それもまた吉野家。

そういえば連日テレビで報道される反日デモ。日本製品の不買運動とかで吉野家が取り囲まれる映像が映ったりして、「これはリアルに殺伐だなあ」とか思ったりする自分は不謹慎ですか。そうですか。

Friday, April 15, 2005

びゅーてぃふる・どりーま。

 みなさん、夢、みてますか?夢、覚えてますか?
将来の希望とか願望とか言うのではなく、寝ているときに体験するアレの話です。

 学部生のころは変な夢をよく見て、しかも起きても覚えていることがよくあった。
変な夢には知り合いが出演するようなこともあったので、そのつど笑い話にしていたのだけど、ここんとこ一年くらいはめっきり夢を見なくなっていた。

 ところが、何があったのか知らないが最近になって時々見るようになって来たのだ。夢。でも起きた後でちょっと思い返して「これちょっと精神的にやばいんじゃないか」と思うようなのが多い。以下に3つくらいあげてみる。後の方になるほど精神的に病んでそう。

例1.研究室でプログラミングする夢(いつもどおりなんだけど、日常を夢で見ちゃ寝た気がしねーのよ)。

例2.猫を飼う夢。僕はうちに帰るのが夢の中では(リアルでも)遅いので、うちの猫はすでに寝てしまっていることが多い。その夢のときはたまたま早く帰れて、久しぶりに猫と遊ぼうと思って声をかけた。んが、猫は僕の顔を忘れてて僕が呼ぶ声も無視してさっさと寝てしまう、という内容。ちなみに猫の名前はμ(ミュウ)。

例3.彼女ができる夢。道をぽくぽく二人で歩いている。夢の中では彼女だっていう意識はあるんだけど、リアルな僕の意識としては見たことない顔の娘が隣にいる。しかも特にかわいいわけじゃなくてかなり地味な顔立ち。(いや、地味な顔は別に嫌いじゃないけど。)特に話が弾んでるふうでもなくてイチャついてるわけでもないけど、僕自身は「あー、こんな子と一緒にいたかったんだなあ」と実感しているという・・・ヤベェな。ヤベェ。

その他、バイト先で客にクレームつけられたり、自分が喫茶店で大したことでもないのにクレームつけたり。あまりいい夢でないときが多いな。例3を除いて

でも夢って当然フィクションなんだけど、使われる材料は自分の身近な記憶だったりするし、
なぜか夢の中にいるときはそっちが「現実」という感覚なので、筋が通ってなくても非常に面白い。「これは夢だ」って夢の中でわかっててもそこに自分がいる世界はとりあえず「いまはこっちか」って感じで認めてしまったりする。あの感覚は不思議。映画や本の世界に入り込んでしまうときに似てるかなあ。
「現実」は最初からあるものではなくて、人自身が作り出すものか、と再認識。

ではでは、今日も例3みたいな夢のために・・・寝るぞーーーーーーーっ!!!(ミカン)

Monday, April 11, 2005

イメージだけの発言。





「偶然ってのは重なるもんだな・・・いや、重なった偶然が歴史になるのか。はは、なんか量子力学みたいだな」





一言特集。





バイト先のコンビニの有線でいきなり湘南探偵団の「Imaginary」がかかってのけぞりました。


バイトで冷蔵庫から出てきたらメガネ曇った。春だね。


スカパラのPVで北原さんのボーンがガレスピー・モデルみたくなってた!超欲っしいーー!


誰だって他人の本当の心の中はわからない。踏み込めない。ゆえにいつだってすべての恋愛は片想いであると言うこともできる。



Saturday, April 09, 2005

ベイシーすげえ!

 さて、某バンドのお手伝いをするにあたって、ひっさしぶりに4ビートの曲を吹くことになった。で、まあこれまたひっさしぶりにカウント・ベイシーなんぞ出してきて聴いてみたわけだけど、改めて「やっぱベイシーすげぇ!」と夜中一人で呻いたよ。これがスィングというものか。これが4ビートのグルーブというものか。という感じ。あまりに軽いノリで音楽をに取り組んでた自分を思い知らされました。まだ大学あがってビッグバンド始めたころは何がいいのかわからなかったスロー、ミディアム・スローな曲(QUEEN BEEとかPUT IT~とか)も今聴き返すと「こんなにやさしい音楽が他にあるだろうか」くらいまで思える始末。特にQUEEN BEEはジュニアバンドとかでよくやってるけど実は結構無謀だよな。ここまでカッコ良くはなかなかできないぞ。

 やっぱどうにも、特にベイシーみたいなスィングって僕には「ジャズ」って感じがしない。今一般にCD屋で並んでるいわゆる「ジャズ」とは違うよーな気がする。いや、僕もそんなにいろいろと音楽を聴いてるわけではないんだけど、もっとこう、ラテンとかボサノバとかみたいな、リズム主体というか、生活に根付いたというか、踊れるというか、もっとポップな音楽であると思うのだ。やーまあ今を去ること50年以上、ビッグバンドとかの「スィング」が「ジャズ」だった時代にはそれが流行の「ポップ」であったのだろうと想像するのだけど(強調の鍵カッコが多い)。「スィングガールズ」で「ジャズやるべ」なんつってるけど、いつの間にやらジャズとスィングはそのコンセプトから袂をわかっているのだろう。僕はどっちかというと「ジャズ」より「ポップ」なもののほうが好きなのだなあ、やりたいのだなあと自分の方向性を確認した次第。恥ずかしいけどブライアン・セッツァーとか結構好きだし。まあポップの定義も色々あると思うからなかなかひとくくりにいえないんですけど。

※カウント・ベイシー・・・すげえ昔のジャズのピアニスト。彼の率いた「カウント・ベイシーオーケストラ」は一般にはあまり知られていないが「ビッグバンドの教科書」といわれるほど有名かつ極めている。

※2ブライアン・セッツァー・・・20世紀の終わりくらいだったか、いきなりスィングをヒットチャートに復活させた変人。ライブでの彼は結構キモいらしい。

Thursday, April 07, 2005

今日のは愚痴です(読まなくていいです)


僕は駅のコンビニのアルバイト店員。一日に4~500人の客のレジを打つのが仕事、列に並ばずに割り込んでお金だけ置いてくオッサンにガンくれるのが日常。ホームレスにワンカップを売ったのと同じ指で、ものすごい美人に緊張しながらおつりも渡すし、いやというほど万札も数える。


・・とまあ、森博嗣の「スカイ・クロラ」風に始めてみたわけだけど(ぜってえ誰もわかんねえ)、今大変バイトがやばいことになってるわけですよ。僕がいつも働くのは夜の時間帯、通称E番。このE番のメンバーがひとり、最近大学卒業ということで抜けまして。新しい人とらなきゃなあ、とか言ってた矢先にもう一人逃げやがりました。バックレですよ。しかも4月のシフト入れるだけ入れっぱなしのまま。

 その時間帯で働く人はいつもなら5人はいる感じなんだけど、いきなり3人。しかも僕を除いた残りの2人はどっちも健康診断が憂鬱な虚弱児ってどうよ。「俺、心臓の検査とかでいつもひっかかるんですよねー」じゃねーだろっつの。こんな半分深夜なバイトなんかやめて養生しろといいたい。そして健康的な肉体派に来てほしい。あと責任感ある子。自分のシフトほっぽって「この日は実家に帰ります」って帰った後に言うようなやつは困るわけですよ(さっき書いたバックレの子です)。
 結局そいつその日どころか一月丸投げしたわけだけど。いやいや、きっと実家に帰ったのは親父さん倒れたかなんかだったんだな。マネージャは何もフォローしてなかったけど、それはきっとみんなに余計な気を使わせまいとgefuuuuuuuuuuuやっぱもうどうでもいい。

 しかし久しぶりにたくさん働くと疲れる。つーか日、月、水とバイトして毎回沿線で人身事故起きるってどういうことよ。どっかの馬鹿が春だからって浮かれて電車男気取って気取りすぎて事故ったんだらうか(絶対違うけど)。まあそんな電車男のせいで電車遅れる→駅コンビニ繁盛→uha-uha(店的に)という図式によって半端なく忙しくなってたわけです。むしろ人身事故の被害者になりたいと思いました。

 そんないきなり先行き超不透明な春。細木ナントカいう占い師にはまり出した親戚の言によれば「木星人(僕)は4月から運気上向き」だそうですが、いきなりがっつり傾いてるよ。どないせいっちゅうねん。
 で、そういえば高安先生が古来よりの占いの世界観とフラクタルの共通点についてエッセイを書いておられたことを思い出した。つまりあれだな、・・・いや、まあそのネタはまた今度にとっとこう。複雑系な明日に備えて今日は・・・・寝るぞーーーーーっ!!!(ミカン)

Monday, April 04, 2005

プチ・スマートモテケータイ。

 というわけで今ノキアのモテ・ケータイを使っているわけだけど、これってひょっとしてマルチタスクなんですかね?今までのケータイだとメールを送信するときに「送信中」だかなんだか画面が出てじっと待たなきゃならなかった。でも今のノキアのは通信中を示すアイコンが画面の端に出るだけでその間も他のことが、たとえばすぐ別のメールを編集したりとかができるようになっているんですよ。
 そのほかにもブラウザを立ち上げつつ、見てるサイトはそのままで別の作業ができたり。ゲームを動かしてる途中でもいちいち保存して中断とかしなくてもメール読めたりするし。
やっぱOS積んだケータイは違うのかね、といまさら感心しているところ。ひょっとして最近のケータイってみんなそうなのか?

 や、別にすぐにwindowsみたくタスクをすぐ切り替えられるわけではないから別にそんなに便利ではないんだけど。ソフト立ち上げっぱなしできづかなくて電池があっという間になくなるとかありそう。
 あと不満なのはケータイのコンテンツ(着メロとか)まだほとんど3Gに対応してないのが鬱。ダウンロードは早いんだけどね。前のケータイではメール着信を逆転裁判の「異議あり!」にしてたんだけど、3Gじゃ非対応なんだよなあ。ハーフノート・ジャズも使えねーし。くう。出始めのFOMAとかこんな感じだったのかしらん。

 ネット上じゃあネ申木幾と大騒ぎな702NK。早く使いこなしてReal Life Real Heart(リルラ リルハ)とシャレ込みたいものです。
や、カエラちゃんのケータイは802ナントカらしいんだけど。