北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Monday, May 30, 2005

ナショナリズムを考えながら飯を食うのは消化に悪い。

 あやや25歳説はとりあえず支持します。ojiです。

 新聞読んでてちょっと面白かったことがひとつ。
地域版なんだけど、知事が県内の中学高校に式典での国旗掲揚を徹底せよとのお達しを出したそうな。公立の学校はほぼ全校でやってるけど私立は8割くらいなんだって。「この発言に対し、キリスト教系の学校などでは日の丸はそぐわないのではという声も出ている」ってとこで吹き出した。ま、そりゃあそうよなあ。残った2割の私立校がキリスト教とか宗教が基盤になってる学校だろうってのは調べなくともなんとなく納得がいく。

 自分が高校を卒業するときは「卒業式委員」てのがいた。式典中のBGMとか謝恩会の体裁を決める委員である。当時は国旗国歌問題が華やかなりし時だったので当然この問題も議論された。その結果「国旗と国歌はやめとこう」ってことになったはずだったのだけど、なぜか当日になってみたら国旗は飾ってあるは「プログラムにはありませんがここで君が代を斉唱します」なんて突発型のイベントが追加されるはで、学生たちは高校卒業の日に社会のややこしさと理不尽さを学ぶことになったのだった。やあ思い返してもいい卒業式だった。

 なんでそこまで学校は国旗国歌にこだわるんだろーな、と思ったものだけど、別にこだわっているのは教員とかではなく県とか教育委員会のほうであるといまさらわかった。県とか教育委員会は何を気にしてんのかっつーと、おそらく政治家か?で政治家が気にするのは、選挙の票数と、自分に金をくれるどっかのえらい人か(この辺固定観念だけで書いてます)。どっかのえらい人ってのはナショナリストっつーか、国旗国歌スキスキーな人が多いんだろう、多分。そうでもなけりゃ戦後の教育を受けたであろう人がこの時期に「国旗国歌の徹底」とか発言できることが僕には理解できん。

 首相が靖国参拝したりするのもどーかと思う。いや、別に靖国参拝したからって先の戦争を肯定することになるとは僕の知識ではぜんぜん思わないし、むしろ参拝しないほうが何だか戦争をしたことすら忘れようとしてるみたいでむしろ不安に思う。けどさ、なにも「靖国参拝すんな」って中国やら韓国やら方々から言われてんのに、わざわざ公用車乗って堂々と行くこたないだろーがよ。人付き合いのマナーに反するだろ。つーか政教分離しろよ。行く暇に他の仕事しろよと思ってしまったり。

 日本人は歴史認識が浅いとかよく言われるけど、この「歴史認識」も僕には意味のようわからん言葉の一つではある。結局60年も前に誰かがなんかの理由でやったことを「解釈」しているに過ぎないのでは。それが悪事だったのか必然的な末路だったのか、未然に防ぐことができたのならどのような方法があったのか。何が原因でそれが現在にどのように影響するのか。その因果関係をバシっと認識することなど不可能ではないかね。共通の認識が不可能である以上、真実はまさに人の数だけあるはず。誰がどう歴史を認識しようと、それでどこの国を好きになろうと嫌いになろうと勝手だけど、現在の外交のカードとして使うには非常に根拠として薄弱ではないか?日本に謝罪しろって言ってくる人々を見るにつけなんとなく「お前らゴネ得狙ってんのか?」って思ってしまう。

 かといって「日本の戦争はあれは必然的なものだった」みたいなことを公の場でいう政治家も同じくらい腹が立つ。歴史学者ならまあ別にいいけど。どんな理由があろうとケンカしたのは確かなんだから、自分だけ先生に怒られたからってぐだぐだ自分に都合のいい言い訳ばかりするのも恥ずかしいやね。

 とまあぐだぐだ書いてみたわけなんだけど、自分は歴史とか国家民族とか国際関係について考えるのは大嫌いです。正義とか世界平和とか国際貢献とか、目指しもしない看板掲げて、人のため世界のためよそおって自分ばかり得をしようと思ってる奴らばかりなのに嫌気がさすから。どーせ先の大戦を経験した人から何世代か交代したらまた戦争始まるって。それが自分が生きてるうちかはわからんが。いつにせよとくに興味はない。

Tuesday, May 24, 2005

しぼりだすように書け!

ブログ書くのとかだるくないですか?ojiです。

 最近めっきりブログ離れの進む日々なのだけど、じぶんより書いてねーやつらから「最近どうしたのよ」とか言われて軽く腹立ったので書いてますよ。
とはいえブログ書くのは結構な精神的重労働・・うっかりno planで書き始めてしまうとえっらい時間かかる。テーマをこう、一個決めて,展開を決めてうっかり話が脇にそれないように気をつけつつ、がっとこう書き上げなくてはならぬ。書く前はわりとだるくても書き始めるとアイデアがわいてきてしまってむしろまとめるのに大変だったりして、果たして自分は何のためにこの文章を書いているのか、自分にとってブログとは何か?とか考え出してもういやんなってしまったり。そんなで投げ出しているネタが数件たまっていたりもする。

 気の効いた表現や面白い切り口を思いつくのは一瞬だけど、それを頭の中で文章として再構成することのなんと時間のかかることか。そらにそれをキーボードで自分の皮膚より外側にアウトプットするまでの時間たるや、まさに天文学的な時間のかかりっぷりである。相対的に。
というわけで当然のごとく思い付きを忘れる。→いやになる。→寝る(夜更かしは体に良くない!)。人生とは失敗で構成されるものですか?

 いや、でもこうブログ書いてることで漠然とした思いでしかなかったものが整理されてきたり、それがあとで見返して思わぬ形を見せたりして興味深いこともごくたまにある。まあそれが全部ここに書いてあることかどうかとは限らないけど。「その人のことを知りたければ、その人が何に対して怒りを感じるかを知れ」とはHUNTERXHUNTER第一巻からの引用だけど、自分が何に対して怒るのか悲しいのかスゲエとか面白いと思うのか、その場だけではすぐに忘れて、逃してしまう。あとで思い出せる形に作ってみることで始めて、自分が何を感じていたのか、どんなやつなのか少し知ることができたと実感したのだった。ま、知ってもしょうがないけど。

 ほれ見ろ!今日はうっかりno planで書くからやっぱすげー時間かかった(40分くらい)。ブロガーはどうやってもミクシィには反映されないし、画像アップツールを家で試すだなんて僕がうちに帰ってる時間帯はだいたいNEAT兄がネットやってるから無理。ほれ見ろって変換しようと思ったら「彫れミロ」って、僕はミケランジェロかっつーの。くっそう中間発表はもうすぐだし、コーヒーフレッシュの賞味期限は切れるし、ここ半年くらいみずがめ座が運勢いいなんていわれてるの聞いたことねえし、ブロガーの中途半端な日本語振りってどうよとか、やさぐれてきたので今日はこのへんで、さよなら。

Thursday, May 19, 2005

MSの甘い罠。

 巷で話題のピアノマン、あの設定はおいしすぎだと思います。ojiです。

 Windowsを使ってると、CDやその他のメディアを挿入したとき「この種のメディアに対するアクション」みたいなのを選ばされるウィンドウが開くんだけど。

 その都度「何もしない」を選択、その後「常に選択した行動を行う」にチェックしてるはずなんだけど、毎回毎回CDやUSBメモリ差し込んだときに同じウィンドウが開くんですよ。そのたびにまた同じ項目にチェックする・・・という行動を繰り返すことになる。
 これを繰り返すうち、「常に選択した行動を行」っているのはまさに自分のほうであると気づいた。体制に負けて余計な手間を知らず知らずのうちに負わされている・・・これこそ資本主義(マイクロソフト)の搾取といっても過言ではないわけですか。久しぶりに書いたと思ったら小ネタですいません。

Thursday, May 12, 2005

レビューしてみよう。

クリープのないコーヒーなんてブラックコーヒーのようなものです。ojiです。

ここにも数回書き込みをしているlaundry氏(イケメン)から、成人男性向け映像作品を「ブログ上でレビューを書く」という条件でCDに焼いてもらってからもう2週間位経つ。だけどいまだに全部見れてません。なんというか、一時間半そればっかっていうのは結構見るの辛いものがあるね。しかも通して全部同じ女性が、だらだらこう・・・まぐわうわけですよ。一度にそんなたくさんは見れませんて。世の男性の中にははこんな濃いもんを買って保存版にしたりするひともいるんだろうなあ。すげえなあ。

自分はけっこう性欲が淡白なほうかもと思い始めてみました。まあレビューはそのうち書きますよ。しょうがないので今回は昨日発売の少年サンデーのレビューでも書いときますか。

メジャー・・・何十年続くのか全くわからないこのまんがだけど、あからさまにイチローとかあからさまに松井とか出てきてあっさり吾郎の球打ったりでさらに盛り上がりを見せる予感。

メル・・・たまにつまらなさを確認するために読むんだけど、やっぱり今回もつまんなかった。何の説明もなくピンチになってサブキャラの特に意味のない過去が語られたと思ったら何の説明もなく勝ってたりして、これ本当にまんがなのか

ガッシュ・・・キャラが多くなってきて面倒くさくなったので先週くらいから読むのやめた。これでコナン、犬夜叉につづきサンデーの人気っぽい漫画はことごとく読んでないことになるのう。

クロスゲーム(あだち充)・・・まだ読んでます。
うえきの法則・・・・・・・・・微妙に読んでます。

あおい坂・ブリザード・・・この2つとも絵も話も結構好きなんだけど、今週ほとんど展開してねーじゃん!欲求不満じゃのう。あ、でも星南のエースとコーちんが知り合いっぽいことが明かされたりして、火花が散るシーンは良かったけど、この伏線が張りっぱなしにならないことを祈ってみたり。

兄ふんじゃった・・・地味に不条理で地味に面白い。このまんがの「その他大勢」の人々はなぜかみんな兄の言いなりとか。ツッパリ君の価値観とか。髪形がみんな変とか。

D-LIVE・・・僕が思うに、サンデーで唯一コンスタントに面白いオアシスまんが(あ、道士郎もいつも面白いな)。新章突入で最強の敵出現・・・前回は戯れにやくざの事務所に乗り込んでその強さを見せ付けたんでしたな。

今回の一コマ目のニュースのせりふ→「昨夜未明、王島組の事務所が全焼しました。事務所にいた王島組組員は全員焼死した模様です」

火浦強すぎだろ!全焼て!全員焼死て!で、本編の方はぶっちゃけターミネーターっすね。いやほめ言葉です。

Monday, May 09, 2005

千鳥格子=犬歯格子。

えーと、まあ下の何件かの書き込みはなんとか画像をアップしようと試みているときのものです。結局画像はアップできずに画像につけるキャプションだけアップできる、といった状況なわけで。そのためのツールが日本語に対応していないために妙なローマ字表記の文だけあったり、いきなりブログの名前が英語になったりしているのです。名前はしばらくこの画像アップ作業を試行錯誤した後元に戻そうかと。

でもこのローマ字の文意外と面白いですな(だからわざと残したんだけど)。このようなローマ字の文章を使うという手法は実は他のブログで見たことがあって、何かというとネットゲームにハマっている人たちのサイトでよくやられているのです。海外発のオンラインゲームだとたぶん日本語対応してないからチャットとかもローマ字表記で行うんでしょうな。そういう人たちのブログでは、文章中にいきなりhmmmmmmmmとかkusogaとかnoroke nikuiとかいったりするわけです。ゲーム中にもそういう言葉で会話してるんだろーか。

やーだめ人間てホンットに、キモいものですね。ではまた来週、ご一緒に楽しみましょう(春郎ふう)。

Saturday, May 07, 2005

zennzenn dame dayo kusoga
gazou ha up dekine-kuseni comment dake ha be able to upload da nannte nameteru tosika omoemasenu na
shashinn no upload ga nanndo yattemo dekineeeyo kusoga

Friday, May 06, 2005

コンビニな彼女。

さてえ・・・来ましたよ来ましたよ?なにがって、バイトの新人ですよ新人。春は新人の季節であるわけです。新人が旬なわけです。にんじんはいつが旬なんだろう。
ええ、多少やってしまった感のある発言はおいといて、何かといえば女の子と男の子が一人づつニュー・フェイスとしてバイト先のコンビニにやってきたのである。彼らを一番最初に見た古参の先輩いわく「この店史上最もかわいい子である」という前評判だったので(あ、もちろん女の子のほうね)まあ僕の小さな胸も否が応でもだいぶ高鳴って、テンションも当然高まらざるを得なかった自分に気づく、その様子をまた別の自分が眺めていたりしたりしたり。回りくどい表現もいい加減にしたらどうか。

でまあ何度かその子と一緒に仕事したわけだけど、・・・だけど、まあ普通にかわいかった・・けど、ぶっちゃけタイプではなかったな。うん。良い春になるかと思ったら普通の春だわ。一応いっとくと普通に美人。芸能人で言うと誰か、とは一般にいって難しい質問だけど、まあ柴咲コウとかあのへんの少し目元のきつい感じの美形。でも僕の好みはもうちょっとおっとりした感じの・・あ、いわなくてもここを読むような人ならわかるわな。失敬。

で、研修中はレジ打ちの様子なんかをそばについて見てることになる。その子は全然問題ないんだけど店に来た男性客の反応がな・・。ここしばらく夜のシフトは男ばかりだったからかもしれないけど、あからさまに常連のお客さんとか鼻の下伸びてんだよね。常連やオッサンの客に限らず、ときどき若い男の子でもその新人の子を見て「あれ、レジ売ってんの女の子か、しかも、ちょっとかわいい」とか思ってるのが如実に表情にあらわれるわけ。しかも恋人と思しき人がそばにいる場合でも。なんだかなあ。

たぶん自分も客の立場だったら表情に出るほうだなとか、顔がいい人は常にこういう視線にさらされてるのだろう、たいへんだなあとかやっぱ人間顔よなあとか複雑な気分になった。

僕としてはかわいい女の子はコンビニなんかで働くべきではないと思うのである。
見た目の麗しさというのはそれだけで価値なのであって、そうホイホイまさにコンビニエンスに垂れ流していてははいかんと思うわけですよ。
やはりそういう子が働いて欲しいのは花屋とかケーキ屋、譲ってパン屋やカフェといったところだろーか。ええ封建的と言ってもらってかまわない。かわいいあの子に会うためには普段買わない花やケーキを買わねばならない・・それくらいの試練を乗り越えてこその人生劇場なのではないかね。いつも立ち寄るコンビニのコンビニな彼女でお手軽に済まそうという考えが不純である。もはや何の話だかわからん。

ところでパン屋ってバイトの女の子かわいい子が多い気がするのう。ヴィド・フランスとか制服もかわいいし。値段はちょっとお高めでもその笑顔で十分元が取れるというか・・
あれ?いまちょっと引きこもり的ダメ人間な発言しましたか?もともとでしたっけそうだっけ。

作者取材のため。

ネット上ではお久しぶりです。3週間ほど更新をサボっており、ついにやる気をなくしたのか、なにか問題が発生したのか、はたまた死んだのか?と諸説フンプンであった感じなのだけど、またぼちぼち書き出していこうかと。よろしく。

で、その間何をしていたかといっても、あれです。取材です。下書きのまま載せるよりはいいものを最後まで作ろうかと。クリエイタですから。まあ結局取材という名目でいつもどおり研究したり、バイトしたりいつの間にか内定もらったりしてました。

この一週間は研究室の改装ということもあり世間のゴールデンな波に乗ってみたり。別にどこに行ったわけでもないんだけど、ただだらだら・・だらだらと。
ま。今後ともよろしく。

最近身につけたスキル・・・ホットケーキ。もうレシピなくてもそらでつくれるぜ!(大したことではない。)これでかの名ぜりふ「パンケーキ作るんじゃねえんだぞ」もいいたい放題というわけです。