北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Wednesday, June 29, 2005

紹介されてた。

タイピング、時々、片手で菓子パン。つまりサンドウィッチ伯爵ことojiです。

友人のサイトを覗いたとき、「リンク追加しました。高品質。」とか書いてあったので行ってみようと思ったらこのブログのことだったので思わず腰が抜けた。その友人はかなり顔が広く、当然彼のサイトに訪れる人も多い。そんな中で何だってこんな読む人を選ぶブログを紹介するのか・・・。もっとこう、ごく一部のマニアな人に存在を伝えて行こうと思ったのに。あ、その彼はマニアな人の一人です。当然です。

リンクなど張られたのは初めてなのでかなり緊張気味ですよ。多くの人の目に触れて恥ずかしい記事は削除しとこうか、とか思ったら全部削除せねばなりませんよ?
これからはまんがネタは控えたほうがいいかなあ・・・とか、さとみたんがどうのとか言わないほうが・・・とか、次あたりではようやく2ヶ月前に言った映像作品のレビューを書こうと思ってたんだけどやめといたほうが・・とか。
でも気にしたら何も書けねえなあ。

間違って来てしまった人のために一応断っておきますが、ここはかなり内輪受け、つーかこのブログの意味の8割はこれを書いてるojiが自分であとから読んで楽しむためのものです。なんでネット上に公開しているのかって言うとごくごく一部の人たちが、僕の文章が面白いから読みたいって言ってくれているからです。まあ同人誌のさらに世界が狭くなったような感じのものなわけだけど、いちいち紙に書いて印刷して本にするのはだるいのでネット上でやってる、というだけ。ブログにしろといってくれた一部の人が「もうつまらんからやめろ」っていったら即終了です。

「ネット上に日記をさらす奴も読む奴の気持ちもわからん」とはちょっと前によく聞かれた言葉だけど、果たしてそうだろうか?自分の身近な人、あるいはまったく知らない人が日ごろの生活で何をしているのか、それを読んで自分の見ることの出来ない世界、業界の裏みたいな物を覗くのは、楽しい。また、その人の生活が自分にとってありふれたことであっても、人によっては感じ方が全然違うということだってある。その、どう感じたかということは自分ひとりでは得られない情報だし、それを知ることは結構刺激的だと思う。文章にしたり、それを読んだりすることで普段のおしゃべりとはまた違った理解が出来ると思うのだ。
著名人のエッセイが売れるのもだいたい同じ理由だろう。

この「他人」というのは現在の自分と過去の自分にも言えることであって、「自分があとで読んで楽しむ」というのはそういう意味であるともいえる。それがこんな誰もついていけない系のブログを書いてる理由だ。まー別にいつもそんな肩肘張って書いてるわけじゃないけど。基本姿勢というのか。

求めていないものは理解。少し求めるのは、レスポンスかな・・。コメントつくと、やっぱりちょっとうれしいので。

矛盾してますか。どうでしょう。

Wednesday, June 22, 2005

ビバさとみ。

アコムのCMの品川庄司のキャラはどうなのかと、本気でどうなのかと思います。ojiです。

なんだかんだ言っても相変わらず石原さとみに夢中になんである。
最近はコマーシャルにもたくさん出てて非常にすばらしい。や、僕はTVはさっぱり見ないのだけど、CMに出ていれば大抵その会社のサイトからCMが見られる。ちらっとソースやキャッシュを覗けば動画ファイルを自分のパソに保存しとくことも可能・・・ということを最近知ってもう集めまくりですよ。

ポッキーアイスの実、第一生命、どんぶり亭なんかですな。もう見るたび血圧が20は上がって僕の小さな胸は幸せで満たされる。あまり見すぎて飽きるのも怖いので少しずつ見るよーにしたり。

それでもアイスの実のテーマソングは耳についてしまってときどき延々頭の中でかかってることも。♪きみはー、まーなつのフルウツー、そのすべてがジューシー・・・いやまったくその通り。その通り!
これを見てるときの僕はまさにあの男子高生たちと同じ表情をしているよ。多分。

あとよく僕の趣味を知る人から言われるのが「あのポッキーのコマーシャルはちょっとさとみファンにはショックなのでは」ということだけど、そんなことはない。なぜかといえば、自分がCM見てるときにはあの恋人役の男の子と自分は脳内で同化しているから。つまりAVを見てるときと同じ理屈である。

最近は彼女が主演のドラマもやっているようだけど、なぜかドラマや映画は見る気にならないんだよなあ。多分石原さとみの演技はいまい・・あ、いや、なんつーか石原さとみの見た目だけがスキなんだな。うん。見た目だけ!(男らしいですか?)カッ、人生なんてそんなもんよ。テレビの向こう側に夢を見れるほどもう若くはないわけ。自分の脳よりこちら側では夢見るけどな!


・・・今日の文は特についていけない人が多そうだなあ。いや恐縮です。

Friday, June 17, 2005

ブログ改造中。

「からくりサーカス」がストーリィの盛り上がりに反比例して掲載順が後ろのほうになってきているのを見るにつけ、ちゃんと打ち切られずに終わるのかと心配になる、そんな雨の午後。ojiです。

Laundry氏の情報(前回のコメント)を元にいろいろブログをいじってみたんだけどうまくいかズ・・・結局、本ブログへのリンクページとなるブログをカテゴリとして作ってみました。この今の形態でもたぶん見づらいとは思うんだけど、ま、しばらくはこれで。どっちにしろカテゴリ分けしようと思ったら一つ一つの記事を切り貼りしーの再構築しーの、面倒な作業をやらなければならなそうだし。それは先延ばしで。

Monday, June 13, 2005

人はカテゴリ分けせずにはいられない。

ハチミツとクローバーとojiです。

このブログの記事数も長い記事短い記事、いろいろあわせて40を超えることとなった。それにともなって、記事をカテゴリ分けできたら後で自分が見て楽しむのに楽だよなあと思った・・のだけど、Bloggerはどうにもそういう機能というか、「記事のカテゴリ分け」とかいう概念からないらしい。

検索で調べてみても、他のBloggerユーザの方々もいろいろ苦い思いをしてらっしゃる様子。Googleのサイト内検索をページタイトルに関して適用させるとか。

Blogger自身はといえば「カテゴリに分けたいのなら新しいブログを作ればよい」というスタンスであるらしい。あれだ、例の資本主義大量消費型力任せなGoogleイズムといってもいい・・のか。多分。僕の今の気持ちをたとえるなら、まだあまり恋の経験の浅い女の子が彼の天才肌に惹かれてまんまと付き合いだしたはいいものの三ヶ月目くらいで彼の生活の細かい部分での無頓着さが目に付き始めてきてふと一人になったときつぶやく「あたし、あの人のどこが好きだったんだっけ?」、といった感じであろうか。感情はいつだって抽象的。

まあそんなことはさておき、たしかに「ひとつのユーザがアッという間にいくつもブログを作れる」というのがBloggerのひとつの特徴であった気はする。ここはBlogger流にのっとってたくさんブログ作ってみることにしてみようかなあ、と思っているところ。この”oji-oz...”のサイトには今までどおり思いついたことを片っ端から書いていって、他方、用意したカテゴリ別サイトに今までの記事は順次保存していくという。他のサイトは単なる保存用なんで、コメントとかは今ご覧のこのブログにつけてもらう、といった感じ。

・・・しかし無駄だなあ。その、カテゴリ別ブログにはタイトルだけ写しておいて、元ブログの記事ページにリンクだけ貼る、プログラミングで言うポインタ配列みたいなスタイルにしてみようか。や、まだいろいろ試して検討中ということにしておきます。うーーーーんみょ。

Friday, June 10, 2005

Googleの甘い罠。

ボグが公開されました。ボグって何。ojiです。

blogger使いでない人に解説すると、blogger(日本語)でブログを更新したときに出るメッセージが「bogが公開されました」なんですよ。おそらく日本のブロガーユーザのほとんどが椅子からずり落ちたであろうこの中途半端な日本語化。まったく侮れないぜ!さすがGoogleといったところ。

多少強引だけどGoogleといえばGMail(Googleの提供するフリーメール)。このあいだある人、つーかここでいうからGMailへの招待を受けまして。や、まあ何かに使うって言う目的は今のところ特にないんだけど、とりあえずGMailユーザになれたことがすっごいうれしい。フリーで容量2ギガですよぉ。普通に使いきれませんなあ。笑いが止まりません。GMail自体も「もうメールを捨てたり、フォルダに分けて整理する必要はありません。検索すればいいのです」的なこと(少し大げさ)をいっていて、なんとも大量消費時代というか、資本主義的というか。大好きです。

人間の人生なんて、テキストにすればCD一枚も満たせない、とは誰の言葉だったか。2ギガもありゃあまさに一生もん。これからの僕の人生をGMailに見ていてもらうわけですよ、いってみれば。しかし唯一の気に食わない点は自慢が限られた人にしか出来ないこと。詳しくない人に向かってうっかりGMailのすごさについて熱弁をふるってしまうとオタのレッテルを貼られることは明らか・・・あ、それレッテルって言うか事実だ。鬱って言うか肩がこったのでもう寝ます。

メゾスコピック風邪。

いい奴なんだけど、なかなか恋人ができない、そんな人に向かって「まあタイミングが悪かったんだよね」って、それはつまり全然駄目ってことじゃないですかね。ojiです。

先週からずっと体調を崩してしまっている。まあだんだんと良くなってきたのだけど、まだ鼻水とか咳が少し出る。そう少し。この少しがヤッカイ者なんである。

風邪をバリバリに引いてて、咳も鼻水も盛大に出てるときはまあ家で休もうって気にもなるし、思い切り咳して鼻もかめばよい。ところが今は治りかけで、咳も出そうで出ない、鼻水も少しの量が奥のほうでムズムズ・・・ということになってるので非ッ常にいらいらしている。鼻かんでもなかなか鼻づまりは取れないし、肺の奥でちょっといがらっぽい感じがしてても咳を出すほどではない。無理やり咳込んでみてもあまり効果はない。鼻ものども中途半端に通らないのでなんかフガフガいって過ごしているよ。フガフガ。

さらに辛いのはこのフガフガのためにコーヒーも煙草もまったくおいしくない事。この一週間禁煙禁コーヒーである。煙草はともかくコーヒーはなあ・・つまり人生の楽しみが半減、living in hell生き地獄なわけですよ。しょうがないのでホットミルク飲んでたり。かぁ乙女チック。そりゃハチミツとクローバーにもはまりますわ。

コンビニでバイトしてると、煙草とのど飴をセットで買っていくお客さんをたまに見かける。特に女性に多いかな。そんな人を見るたび「お前どないやねん、のど悪いのをおしてまで煙草吸うな」と思っていたわけだけど、今ではその人の気持ちも多少わからなくもない。このフガフガを軽くするのにはやっぱり飴なめるのが手っ取り早い。まあそれでも軽くなるだけなんで相変わらず煙草は吸えないと思うんだけどね。少なくとも自分はそこまでして吸う気にはならん。つーことは自分にはそこまで煙草依存はなかったみたいだな、と気づいて一安心。

でもフガフガはいやなのでのど飴は消費してます。デスクに向かって作業しているとさながらチェイン・スモーキングのごとくのど飴をひとつ、またひとつと・・・

はッ!ひょっとしてこれは・・・ウチのbossと同じ症状、行動パタンですか!?



追伸・のど飴って今いろいろ出ててしかも結構美味しそう。買うのに迷った。

Wednesday, June 08, 2005

謎のURL。

アジアン・カンフー・ジェネレーションは良い。サイダーのようにさわやか。ojiです。

ブラウザのブックマーク・リストとか、ほっとくと山のようにたまって収集がつかなくなってしまう。まあそのたび無理やりフォルダに分けて突っ込んで整理した気分になるんだけど、そのたびに一つや二つ、いつ何のためにどのようにたどり着いてブックマークしたのかわからんものが発掘される。そのうちの一つがこちら

援竜!こんなのが現実にいること自体が驚きである。普通に形がロボット。自動車よりはるかにでかい!しかも乗用、遠隔どちらでも操作可能!!それが普通に役に立ってるのがばかばかしくて大好き。手塚先生、横山先生、21世紀は確かに来ましたと叫びたい。

・・・いや、すごいけど。
超すごいけど。
こんなもんいつブックマークつけたのだろう。それが謎だ。確かに相当昔にまんが「D-LIVE!」で斑鳩君がこいつに命を吹き込んでた気はするが、ひょっとしてそのときか?まあ考えても仕方ないので、重力の存在のごとくはじめから存在を認めてしまうということで、動画を食い入るように見てしまうのであった。
援竜マジすげぇ!