北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Saturday, September 10, 2005

たんけん・はっけん・ぼくのだいがく。

「ごはんですよ」の人は井上ひさしだと思ってました。嘘ですけど。ojiです。

今回は市大話です。

研究室から気分転換にフラフラ散歩に出て、市大の本校舎に久しぶりに入ってみた。院生ともなると学部生用の授業のある本校舎なんてめったに行かなくなる。ペンキがぴかぴかに塗りかえられてて、やたらきれい。でも相変わらず教室にエアコンはないみたい。金ねえなあ。でも天井近くをLANケーブルを載せたレールが這ってたりして。どこにケーブルが必要なのかは超謎だけど。どーせなら早稲田とか慶応SFCみたく無線LANにすればいいのに。

掲示板にはこれでもかと学祭のミス市大コンテストの張り紙が貼ってあった。なんでも久しぶりの復活だそうで。こんな零細な大学でミスなんか決めても微妙だし、どうせ復活するならミスターレディーのほうがいいなあ、とか思ったり。数年前までやってたんですよ。部活に入っていたときは学祭はやたら忙しくてステージの企画なんて見てる暇なかったし。

歩いてる間にもよおしてきたのでトイレへ入る。さすが夏休み中は電気消えてるね、と思ったら入った瞬間に自動的に点いてびっくり。田舎もののよーな狼狽をしてしまった。いつのまに市大にこんなテクノロジィが。無駄なような気もするが、でも電気代は節約できるのかな?とか思いつつ個室へ入る。う、洋式しかねえ。公共の洋式トイレって便座が冷たくて嫌なんだよなー、とか思ってたら熱ッ!なんとまあ、あったかくなるタイプの便座でした。夏休み中で人がいないってのに木下藤吉郎並みの忠義心で便座を暖めておいてくれていたというわけですよ!・・・電気代、無駄よな。どこへ行く市大。

校舎を出ようとするとANJUNA(学内サークル制作のフリー・ペーパ)が積んであった。しかも久しぶりに見たらかなり分厚い。なかなかやるなノーコア。中を見ると元セカンド後輩のかわいい子(男)が部長になってた。彼がコーラの炭酸を抜いてたり、彼に虫の佃煮とか食わされたころを思い出す。そんな時の流れを感じるとともに、久しぶりに読んで面白い記事の多さにへこむ。く、自分より面白い子はやはりいっぱいいるなあ・・・。市大生はもっとANJUNA読むべきだと思う。

うーん、いろいろと新たな発見をしてしまった。しかし本校舎もいろいろなところでバージョンアップが見られるくせにいまだに教室にエアコンがないとは。環境保護のつもりだろーか。でも空調器具がスチームだけってのも、どうかと思いますよ。

3 Comments:

  • At September 10, 2005 10:54 pm, Anonymous wako said…

    「小さなことからこつこつと」っていう事ですか。
    以前、講義棟の窓がサッシになったときはちょっとがっかりした。あの監獄のような開閉方式の窓が好きだったのに。

     
  • At September 12, 2005 6:58 pm, Blogger Laundry said…

    おれもそう思います。
    あの校舎にあの窓は趣深くて好きだったんですが…
    まぁ、もう使ってないから言えるんでしょうけど。

     
  • At September 14, 2005 1:03 am, Blogger oji said…

    監獄のような窓って。確かに監獄のような授業もありましたが、ワコさんあっさり脱獄してたクチでしょうに。

    あー、「改革と言う支配からの卒業」とかいうフレーズがなんとなく思いつきましたが、意味は特にないので使えません。

     

Post a Comment

<< Home