北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Friday, October 21, 2005

揺れる報道(真の意味で)。

顔で笑って心でojiです。

昨日(もう一昨日か・・)は茨城のほうで大きな地震があったみたいで。帰ってきてからニュースで知りました。それを伝えるニュースが凄かった。何かというと、地震がおきている時間帯に茨城のほうのスタジオでニュースを放映していた局があったみたいで、そのときの映像をそのまま放映してたのだな。

画面はいつものキャスタがあのカウンタみたいな机についてニュースを読み上げる体勢なんだけど、地震でカメラが揺れまくってるわけ。そんな見てたら酔いそうな中でキャスターが平然とした顔で「ただいまこちらの地方一帯で強い揺れを感じております、みなさま落ち着いて行動しますよう・・・」だって。アハハハハハ、見ればわかるっつの!!笑っちゃ悪いけど面白かった。「強い揺れを感じました」じゃなくて「感じております」だからな。速報性ありすぎなうえにこれ以上信頼性のある報道もありません。

そういうときは普通「しばらくお待ちください」かなんかの画面になるもんじゃないのか。激しくプロ根性あるのは認めるけど、地震の最中にのんきにTV見てるやつはいないだろ。「そうかー、揺れを感じているのかー、今知ったよ」かなんかで。そんなやついたらかなりの大物だよ。

揺れがなかなかおさまんなかったら、ひょっとして揺れたまんま「次はスポーツです・・・」とか言ってたのかなあ。揺れっぱなしとはいえキャスタを映してるだけじゃ間が持ちそうにないし。それはそれで見てみたい。っていうか自分も茨城で揺れながらそのニュース見たかった。今回かなり不謹慎ですいません。ま、大した被害もないみたいだったから言えるんすけど。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home