北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Wednesday, October 26, 2005

デキる大人がかっこいい。

鶴田謙二の遅筆を恨むojiです。

はあッ!おそらく大学関係者でもっとも有名な職員「生協の白石さん」が表彰されたようです。おまけににもなるらしい。

※知らない人のために・・・「大学生協」というのは日本の大学の中には大体あって、食堂や購買部を提供している組織。たぶんどこにもあると思うんだけど、サービスの改善のために「一言カード」という目安箱のようなものを設置している(市大にもある)。各カードにはきちんと職員の返答が書かれて掲示される、という仕組み。

しかしそこはそれ、大学というやんちゃ盛りの子達の集まるところですから、ろくでもない一言も多数寄せられるわけです。そんな悪ふざけにも誠実な返答を返し続ける職員こそ、東京農工大学の大学生協に勤める白石さん。そのやり取りをある学生が「がんばれ生協の白石さん」というブログに仕立てた。これが学生を中心に多くの人に注目を浴び、「大学生ブログランキング」ではぶっちぎりの一位を常にキープ、大ヒットとなっているというわけ。

アマゾンの「詳細を見る」を見てもかなり気合が入ってて面白そう。実際の本の内容や解説も読めます。見てもらえばわかるけど、もうねー、これ、白石さんのかわし方がすげえうまいんですよ。テクニックもさることながら、それを発揮してしまう人柄ね。普通なら「まじめな意見を入れろ!」ってキレそうになりそうな投書に対しても、あくまで穏やかに、いやみでない程度の笑いをはさみつつまじめな返答をする白石さん。こういう、どんな無理難題に対しても冷静に、にこやかにうまく切り抜けられる人にはあこがれます。

大学生という期間はつまり大人へのモラトリアムなわけですが、そーいうときに白石さんのような実際の意味での「大人」な人たちの行動や態度には多いに学んどくべきだと思うわけですよ。いいなあ農工大。

5 Comments:

  • At October 26, 2005 11:20 pm, Anonymous wako said…

    生協の白石さんは一番最初に話題になったページがすぐに not found になって(何かの部活のページ内だった)、あれからどうしたかなと思ってたら、ブログになってたのを先月ぐらいに発見した。なんとなく女の人かなと思っていたので、だいぶガッカリ。

     
  • At October 26, 2005 11:45 pm, Anonymous あふ said…

    こんな人がいるとはいままで知らんかった。いつから有名だったの?

    確かに質問に対するかわし方が素晴しい。おまけに生協の宣伝をしてるあたりが職員らしくて良い味をだしてますね。
    このかわしのテクニックは社会人として学ぶべきところがありますな。

    しかし、こんなに有名になってしまったら本来の「生協への一言」を目的とした投書が埋もれてしまうのではないかと思ってしまうのは私だけ?あまりに変わった投書をする人が増えてしまうと本来の役割が果たしにくくなってくるような気がするんだけど。。。

     
  • At October 27, 2005 8:48 pm, Blogger oji said…

    >wakoさん

    あー、僕はそういう発想はしてなかったんですが、もし女の人だったらかなりステキな人ですね。僕の場合、結婚したいタイプの女性ですよ。

    >あふさん

    やー、結構大丈夫なんじゃないすかね。
    市大にも一言カードがあるのを知らない子けっこういますし。
    白石さんを知ってるほどのネットジャンキーともなればさらに少なくなりそな予感。

     
  • At October 28, 2005 12:29 am, Anonymous ミエ said…

    生協の白石さん、ココ3ヶ月くらい毎日チェックしてますよ☆大好きなんです。

    でも『男か女か何歳なのか?』全部謎に包まれてる感が回答のユーモラスさを増幅させてたのに・・・性別も歳もバレてつまんなーい。

    今や学外からも白石さんを探しに生協に人が押し寄せる始末らしく、とうとう名札外して仕事してるらしいですよ。大変ですね、有名人は。

     
  • At October 28, 2005 8:34 pm, Blogger oji said…

    あ、そうなん?実はというかやっぱり有名人扱いを受けていたのねん。

    >今や学外からも白石さんを探しに生協に人が押し寄せる始末らしく、

    これだからネット野郎どもは・・・暇人ばかりだな。

     

Post a Comment

<< Home