北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Wednesday, November 02, 2005

メモリが欲しい食いしん坊さん。

角砂糖で言うことを聞くojiです。

3月くらいに今のhpのノートパソにしたんだけど、最近やはり256MのメモリではXPたんを養うには少々ご飯が足りないと感じてきました。使い込んでくると動作が時々気になるんですよ。

ほいで、前に使っていたノートはメモリを増設していたことをいまさら思い出しまして。ひょっとしたらそのメモリを流用できるのでは?と思ってさっそく物置の隅で家電リサイクルになるのを待つばかりだったノートからメモリを引っこ抜いてみました。

ところが・・・まあ、やはりというか。適合性がありませんでした。マニュアルの「PC2100準拠のDDR266MHzのメモリを使用してください」と言う注意書きに対して手元にある128MBメモリは133MHzのSDRAM。詳しく何が違うのかよくわからんが、とりあえず規格は違いそうなんでダメなんだろう。ピンの数からして違うし。

んー、現時点でのパソの動作はウィンドウとか、変換とか時々もたつくのがどうにもnikui・・・。暇ができたらいったん中のデータとか整理して、OSを2000にしちゃおうかなあ。ドライバとか探しなおしなのもめんどくさいが。そうなると、いっそのことLinuxという手も・・・しかし、僕の人生において「暇ができたらやろう」が実現されたことは2%くらいしかなかったんであった。てなわけで考え中。

それよりもったないのはメモリですよ。高かったのに。でも型も古いし、利用価値もないよなあ。ヤスリで角を削って、穴を開けてチョーカーとかにしたらパンクですかね?我々の生活に日々侵食し行く電脳をファッションとしてもてあそぶことによりアンチテーゼを示す、みたいな。パンクと言うよりアキバ系になりそうです。ちなみに僕の所属する研究室ではダメになったマザーボードを壁にかけてインテリアにしているのであった。下のように。






改めて見るとなんだかなあ。すくなくともパンクではねえ。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home