北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Tuesday, December 13, 2005

秋葉原にて萌えといふものと遭遇するの事。

サンタクロースはみんなの心の中にいます。誰だっていつかは誰かのサンタクロースになる日が来るのです。ojiです。

更新をまたサボってしまって、みんなには寂しい思いをさせました。え?あ、そうスか。
みんなが強がりながら寂しい思いをしている間に、僕はAKIBAに行ったりメイド喫茶に行ったりしてました。AKIBAには主にショッピングが目的で、研究室の先輩後輩とともにいろいろ楽しいお店(怪しげなジャンク露店とか)をまわったのですが、その話はまたいつか。今日はみんな気になるメイド喫茶体験について書こうと思います。

行ったのはAKIBAでも割と有名らしい「cos-cha」というメイド喫茶(夜は制服コスプレ居酒屋)。AKIBAは萌えな店が並ぶゾーンと、昔からのメカニカルでコンピュータなお店があるゾーンに分かれているらしいのですが、この店はなぜかメカなゾーンの中にひっそりとありました。コンピュータなゾーンには詳しいワコさん(先輩)も「いつも通る道にこんなものがあったとは」と驚きを隠せない様子。薄暗い雑居ビルの階段を緊張しつつ上る。・・・が、すでに2,3のグループが待っていた。土曜の昼ということもあって結構込んでいるみたい。

並んでいる間、流れ出る萌えのオーラに押しつぶされないよう各自テンションを上げる。Laundry氏が「俺はジャンク屋行ってますよ・・・」とか弱気な姿勢をみせたものの、全員で「ここまで来て逃げるのか!」的なよくわからん喝を飛ばしつつ無理やり引っ張って店内に入った。「いらっしゃいませー、こちらへどうぞ」とメイドさんに席へと案内される。普通のあいさつだ。ここに来たメンバー全員、うわさに聞く「お帰りなさいませ、ご主人様」を期待していたので、これじゃあ普通のファミレスじゃん、と一旦しぼみかける。それもそのはず、あまり大きくない店内は非常に混み合っており、メイドさんたちもオーダとって料理を持ってくるので精一杯といった様子。余計な萌えを振りまいている暇などなさそうだった。

なんだ、じゃあちょっと制服が変わっている普通のレストランて感じだなあ、とか思ってると後輩のタマダ君が「俺・・もうお腹いっぱいです」とメニューを見てうつむいている。何かと思ったらここのメニューはこの店のサイトみたいな萌え絵を全体にフィーチャした、なんと言うかもうアレなつくりであった。あとメニューと一緒になぜかマスターカードの入会案内が。これも萌えーでアレなつくり。マスターカードをここで作るとこの店に来たときいろいろ特典がつくみたい。「メイドさんの笑顔・・・プライスレス」というフレーズが頭に浮かんで思わず苦笑する。

さらに追い討ちをかけるような出来事が!飲み物を持ってきたメイドさんが、

「アイスコーヒーのご主人様」
ご主人様キターーーーーーー!!でもなんかその日本語おかしくねえ?

さらにこのメイドさん、Laundry氏が頼んだコーラフロートを出すときに「コーラフロート」という言葉を度忘れしてしまったらしく、

「ソーダフロートの・・あ、違った・・・えと・・・あの、その・・・・あわわ」
こいつドジっ子かァーーーーーーーーー!!素でテンパってるとしてもドジっ子という付加価値がついてしまうのがメイド喫茶だというのか!いやいや付加価値を勝手につけてんのは我々のほうか。どうかと思うよ>自分。

あ、飯は普通にうまかったです。かなり高いけど(スパゲッティ950円、コーヒー550円(!))。あふさんが「エンジェルバケット」というなんとも珍妙なものを頼むひとコマもあったけど、基本的に何事もなく食い終わりました。店の薄型テレビで延々流れる「アドベント・チルドレン」を眺めてぼーっとする。これでメイド体験も終わりかなあ、と思っていたときにイベントは起こった。

なにやら会社員風の男とメイドさんが店の中央に立った。男はジョッキビール、メイドさんはグラスにウーロン茶を持っている。で、メイドさんが高らかに宣言した。

「いまからこちらの方とわたしでイッキ勝負をします!お客様が勝てば私の写真を、負ければ残念賞で私のビンタを差し上げまーす!」

店内大盛り上がり。
僕もその賞品はどうよ、とか思いつつも突然のイベント発生に盛り上がる。そしてイッキ開始・・・と思いきやメイドさん早ッ!!2秒でグラスが空になってました。健闘むなしく負けた会社員は約束どおりのビンタをもらって退場。客から盛大な拍手が贈られる。会社員も「名古屋から来たかいがありました!」といってさわやかに去っていった。スーツだったってことは出張かなんかを利用してきたのか。アンタほんまもんの男だよ(男と書いてアホと読んでください)。

程なくして僕らも席を立つ。会計をして、おつりをもらうとき必要以上に手を添えられた。いやもう手ぇ握ってんじゃねえかくらいに手を添えられつつ、「お気をつけて行ってらっしゃいませ」と言ってもらって、一同大満足で店をあとにしたのであった。

いやー世の中には色んな空間があるなあ・・・と実感した。まあ二度と行かないとは思うけど、ちょっとでも面白そうとか思う人がいたら老若男女問わずotaku,anti-otaku問わず一度は行っとく事をお勧めします。けっこう女性客もいたし。

2 Comments:

  • At December 14, 2005 2:29 am, Anonymous wako said…

    メイド喫茶にいる間中、ず〜とテンションの低かったojiさんも、ちゃんと脳内では盛り上がっていたんだね。この記事を読んでようやくojiさんと一緒にメイド喫茶に行ってきた実感が湧いてきた。

    まあ何だかんだで、アキバの妙な熱気に浮かされてつい余計な物まで買い込んでしまったojiさんが、一番アキバを堪能したと思う。連れて行った甲斐があった。

     
  • At December 14, 2005 10:01 pm, Blogger oji said…

    いやー、テンション低そうに見えたのはきっと他のみんなのテンションが高すぎたから相対的に低く見えてただけっスよ。

    メイド喫茶も含めてアキバは本当に堪能しました。行ってよかった。

     

Post a Comment

<< Home