北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Sunday, January 29, 2006

自らの内面を探求することの意義と意義のなさについて。

愛という字はまごころで、恋とojiは下心です。

前回の記事を書いたあと「じゃあ僕は結局どういう女性がタイプなのよ?」という疑問が湧いてきたので、ワコさんのコメントへの返信もかねて、ちょっと考えてみた。今回は特に僕以外興味ない話題で恐縮ですが。

こーいう抽象的な事はやみくもに考えてみてもうまく行かないので(経験済み)、色んな要素を天秤にかけてみて考えることにする。

グラマラスかスマートかでいったら、スマート。

芯が強そうなタイプか守ってあげたくなるタイプかでいったら、芯が強そうな方。

カラリかしっとりかでいったら、しっとり。

派手か地味かでいったら、地味。

↑言い方が悪いか。華やかか渋めかでいったら、渋め。

洗練か無垢かでいったら、洗練(必ずしも対立しないけど)。

都会派か自然派でいったら、迷うな・・・若干都会派?

行動派か思慮深いかでいったら、あー・・行動はしたほうがいいけど、思慮のない行動ばかりでもなあ(天秤になってない)。

努力派か天才肌かでいえば、努力派。

垢抜けないか変にコジャレてるかでいったら、垢抜けない。

セレブか平民なら、平民。

レシプロかジェットかで言ったら、レシプロ。

生クリームかあんこかでいったら、あんこ(クリームあんみつでも可)。

ドミニクかレントンかでいったら、ドミニク。

青春学園で言ったら、乾。

少年隊で言ったら、ヒガシ。

はじめの一歩で言ったら、ヴォルグ。

いちご100%で言ったら以下略。

サンデーで言ったら、D-LIVE。

東京で言ったら、ばな奈。

札幌で言ったら、霜だたみ。


てゆーか、えっと、これなんてバトン?新バトンつくちゃった?

それはさておき、藤井美菜で検索したらこんなブログが。このブログの記事、藤井美菜をキャラ的に近い芸能人と比較しつつ、「なぜ、インテルやゼロックスのコマーシャルなのか」とか面白い分析が書いてあって、さらに「理系の好む女性の条件」なんてテーマに移行する。それ読むと、その条件は上の項目の一番上3つにちょっと近いかもしれないのだった。僕は理系的な好みだったのか。本人あまり理系とは思ってないが。

藤井美菜や理系の男の子が好きな人は読む価値ありかと思われます。

2 Comments:

  • At January 29, 2006 11:26 pm, Anonymous wako said…

    そのブログとは逆の視点でこういうのがある。

    おたく男は乙女におすすめ
    http://cruel.org/freeware/geek.html

    ちょっと古いけど、おたくに対する極端な類型化が面白い。そのブログと内容が被る部分もあるけどもっと過激。

     
  • At January 30, 2006 1:27 am, Blogger oji said…

    あはは!ヒドイ!

    「スタートレックをおさえてなければ、おたく男はつかまらない」とか!
    「チョコレートチップ・クッキーを焼いてあげると、おたくは愛を実感するようです」とか!
    「おたくは最新のテレビゲームをするのが好きです。(略)先へ進めなくなったり、ミグ3機に待ち伏せされたりしたときには、同情するふりをしましょう。」とか!

    これはちょう面白いですね。まあ10年前の文章であることを踏まえつつ全国の腐女子に読んで欲しいものです。

    あと思ったのが、前からワコさんも言ってる「いいオタク」と「悪いオタク」のわかりやすい呼び方はないかと思ってたんですが、GeekとNerdがその候補になるかも。とか。

    ワコさんはGeekですね。

     

Post a Comment

<< Home