北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Wednesday, March 08, 2006

まんがの話もいいかげんにしたらどうか。

携帯電話は広告メール受信機じゃねえということを、けっして自分の携帯をその地位に甘んじさせていてはいけないと、はっきりと主張したいojiです。

そういえばジャンプの「タカヤ」がものすごい展開。

業界ではこういう急に漫画のジャンルが変わることを「テコ入れ」というらしい。まあ人気回復を狙った方針転換ですな。でもここまでのレベルのものはそうそうないだろう。まさに異次元に飛んだ感じの展開。先週のその伝説的な展開に立ち会ってひっくり返ることができた僕は勝ち組ですかね。

でも最近のジャンプではいつのまにかバトルまんがになってるの多くないですか?「REBORN」も「ムヒョロジ」も「みえるひと」も最初は気の抜けたギャグとか数話完結のイイ話系のストーリィだったのに。

ムヒョロジやみえるひとはあんまり読んでなかったけど「REBORN」はなあ・・・。前までのストーリィみたいな、どんどん色んな新キャラが出てきて好き勝手するドタバタな学園ギャグもの、ていうのはもちろんありがちだけど僕は好きだったのに。そういうの、僕の心の中では「奇面組系ギャグ」と勝手にジャンルができてます。なんでバトルものにテコ入れされて少し寂しいです。

でも、こういったテコ入れも昔からのジャンプのお家芸かもな。
「幽遊白書」の最初の2巻とそれ以降とか。
「リーダー伝たけし」とか。
「遊戯王」とか。
古くは「キン肉マン」もそうだ。
そういえば「タルるートくん」や「Dr.スランプ」にすらトーナメント編があったぞ。

なんだかなあ。

そういえばwikipediaのタカヤの項はちょっとした祭りです。最後に一つ予言・ファンタジー編は閃武学園が用意した、マトリックスみたいなシミュレーション世界である。

5 Comments:

  • At March 08, 2006 2:58 am, Anonymous wako said…

    「タカヤ」は梅澤春人先生の「ソードブレイカー」以来の傑作になる予感がする。今後も目が離せない。

    リンク先の酷評コーナーが面白かった。特に、"「どんな力でもいい」と言いさまざまな「力」を誇る人物が登場するが、実質的に「暴力」以外認められていない。"とか。

    あと、「てこ入れ」には方針転換だけじゃなくて、突然女性キャラが増えるような場合もある。まあ、人気を出すためのあの手この手を「てこ入れ」っていうんだよね。

     
  • At March 08, 2006 12:25 pm, Anonymous マリア said…

    最近わかんなくてつまらん。
    つまらんおとこはもてんぞ。
    だからもっとおもしろいこと書いて。
    前みたいに。
    昔のあなたにもどって。

     
  • At March 08, 2006 10:52 pm, Blogger oji said…

    >ワコさん

    本当に目が離せませんよね。なんといっても主人公がタカヤである必要がまるでないのがいいです。一度今までのタカヤを終わらせてまた新連載としてはじめてもいいじゃん、みたいな。

    wikipediaのコーナもけっこう的を得たことが書かれていて、世の中には暇なやつがいるなあ、とか思いました。

    >マリア

    ねえ、まんがとか理科系の話とかで盛り上がっちゃう男はモテないよね(ワコさんとかボンのほうをチラ見しつつ)。

    でも、それらも僕の心の何割かを占める大事なもの達なんです。もちろんみんなが読んで面白いこと書きたいけど、たまに気を抜くとそーいう変なジャンルの話も出ちゃうんです。

    そんな僕をわかって。

     
  • At March 09, 2006 12:46 am, Anonymous wako said…

    最近コメント書き過ぎのwakoです。

    > そんな僕をわかって。

    切実な訴えに思わず笑った。
    オタクにとってのオタ話は呼吸みたいなもんだからしょうがないんだよね。

     
  • At March 09, 2006 12:57 pm, Anonymous マリア said…

    オタク心がわからなくてごめんなさい。

     

Post a Comment

<< Home