北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Wednesday, August 30, 2006

伊藤レンマ。

うおっojiっ!です(絶対わかんねえ)。ガッダイ!テッジョウ!

ミクシィに書こうと思ってやめた話題。

もう1週間も前の、世間の大半の人たちにはどおっでもいい話題なんですが、いつの間にか数学の分野でガウス賞なんてものが作られてておまけにその第一回の受賞者は伊藤清氏らしいですね。

まあ僕にとって数学で有名な伊藤さんといえば確率微分方程式にでてくる伊藤さんなわけですが、まさかまだ生きていたとは知らなかった(失礼)。

ガウス賞はなんでも社会に貢献した数学者に贈られるというなんだかものすごく敷居の高そうなコンセプト。で、なんでいま伊藤さんなのかというと、ブラックショールズ方程式をはじめとした金融工学の理論にはだいたい確立微分方程式が使われていて、今の金融工学全般は伊藤の公式なくては成り立たない、というのが受賞の理由のようです。

金融アナリストが持ち歩く関数電卓には常にブラックショールズの式と伊藤の公式が入っていて、伊藤さんは「ウォール街でもっとも有名な日本人」とか呼ばれているそうな。まったく知らんかった!

うろおぼえだけどブラックショールズの方程式は株価がブラウン運動的に動く、っていうのを前提としているんで、だったら伊藤の公式も出てくるわなあ、とかいまさら思ってみたり。

こんなネタ「経済物理」コミュでトピックのひとつも立って良さそうなのに・・・とか思ったけど、実際はさっぱり、スルーの一途でございます。現在の経済物理としては株価変動はブラウン運動的ではない、という周知の事実がすでにあるからなんだろーか。そうなるとブラックショールズの式って仮定からして怪しいんじゃ、ということになってしまうわけですが。世界の金融アナリストたちがそれをどう思ってんのかは僕は知りません。

とにかく、今現在の経済では価格のブラウン運動的な揺動を仮定したモデルが第一線で使われてて、どの程度金になってんのかは謎だけどとにかく今一番メジャであることは確かで、そのことを持ってきて「社会に深く貢献している」なんつって賞が出ちゃったりしたわけで、ちょろっと微妙な話ではあるなあ、と思った。そんな「ディ」レンマ。

まあ、他に「社会に貢献した数学者」なんていったら全員コンピュータ関連の人になりそうだしちょっとくらい怪しくてもいいのかな。むしろ滑り込みのタイミングといえるのかもわからん。ま、別に金融に関係あろーがなかろーが伊藤の公式の有用性が変わるわけではないし・・・。

Sunday, August 27, 2006

去るにはまだ、早すぎる。

KAT-TUNは坊主頭の子とそれ以外が見分けがつかないojiです。

otakuなおまいらはご存知だと思うんですが、8月24日の「たけくまメモ」はご覧になりましたか?まあはっきりいって15禁くらいの破壊力のある画像が載ってるんで要注意なのですが、僕にとって衝撃なのが「サルでもわかるまんが教室」愛蔵版の発売ということですよ。

「サルでもわかる~」は高校生のときに友人に借りて衝撃を受けたまんがなんであった。それ以来各地の本屋を捜し歩くもののブックオフにすら置いてねーという体たらくでもう一度読むのをすっかりあきらめていたのですよ。いやあすばらしい。

「コミックIKKI」も当然立ち読みさせていただきました。なんと今後のまんがのキーワードは萌えであるという方針を打ち立てて話は進んでおり、しかも無理やり相原コージ氏に萌え絵を描かせたりしていて相変わらずの強引な展開に吹き出しそうになりました。ていうか口ん中までは吹き出しました。萌えを意識してるのかパンチラシーン(笑)もあったんですけど、絵は萌え絵なのにそのシーンはまったく相原コージ的なのが笑えます。

っていうかこんなこと書いても多分Wさんしかわからないじゃん!猛省しろ>自分!っていうかまんが好きな子ははみんな買うべきです。あと自分のパソコン、今回は散々萌え萌え言ってるのになんで何度やっても一発目の変換は「燃え」になるかなあ!萌えてねーで燃えてみろってことか?いやいや結構燃え派だと思うんだけどなあ・・・自分。いや相対的には萌えてるほうが多いか(例:小西真奈美・石原さとみ)。

Thursday, August 10, 2006

あいつの、ひみつの、日記帳。

夏の愛されデニム・テーマは「大人涼やか」30days着まわしojiです。

今世間の話題は疑惑の亀田だとか靖国参拝から自民総裁選とか、あるいはエロ教団とかあまつさえプールの排水溝とかで話題は持ちきりなのですが、おまいらそんなこと考えてて楽しいんかと。話題がないのもいい加減にしろと。不幸ばかり拾ってくんのもやめにしろと。もっと世の中目を向けるべきことがあるだろと。言いたいわけですよ。

たとえばコレですよ。

ガチャピンブログ

ガチャピンの次なるチャレンジ
はブログであったということです。なんと!しかも律儀に毎日更新。社会人になってちょっと時間がなくなったら更新が止まるにわかブロガーは見習うべきです(僕だ)。

僕は「癒し」とか言う言葉は大嫌いなのですが、こればかりは、このブログばかりには癒し効果を認めざるを得ません。何気ない日常をつづっているだけなんですが、文章の端々に見え隠れするガチャピン兄貴のかわゆさがもう・・・。「ぼくの指だとキーボード打つのに時間がかかっちゃうんだ・・・」ですって!きゅうううん。

いーんです!キーボード打つなんてムックにやらせときゃいーんです!あいつ無駄に手だけきれいな人間型の手なんだから(僕が小さいときはそれがすごく怖かった)。

まーあれだ、実際書いてるのはポンキッキ企画担当の40代くらいのおっさんが汗だくになりながら書いてて、クールビズでそんなに冷房の効かないオフィスで舌打ちとかしながら文章をアップロードしてたりするんだろうけど。いーんです!それでもいーんです!そこに胸キュンがあればいいんです。

はっきり言おう、僕は毎日チェックしてる!で、君はどうする?・・・一緒に行くかい?ガチャピン&ムック カフェ。

Sunday, August 06, 2006

少女ラン・アヘッド!

みんなが忘れても、僕は忘れない(このブログを)。ojiです。

というわけで宣言どおり「時をかける少女」を観に新宿まで行ってきた訳です。まあ定期使えば290円だったんですけど。しかしなんというかコレ、もはや「単館上映じゃないのか?」ってぐらい上映館が少ない。一応監督の細田守って人は一時ジブリの後継者になるんじゃないかってうわさもあったくらいの人らしいんですけど。しかしひどいよなあ。

上映の30分前に着いたんですが、なんとこの時点で次の上映回とその次の回まですでに立ち見。やはり評判に明らかに反している上映館の少なさゆえなんでした。実は神奈川の上映は実家のある平塚、千葉は寮からもわりと近い幕張で一館ずつあったんですけど、なんだか先週の金曜までであっさり上映終了しやがりまして。この週末で公開してるのは首都圏で言ってもテアトル新宿だけというひどい状況だったのです。

なんか昔読んだサンデーのまんが「いただきます!」でこういうシーンあったなあ。主人公が大きな配給会社の協力を得て映画を作るんだけど、ライバルの陰謀で公開初日は江古田のふるびたポルノ映画館一館しか契約できなかったって話。

まあそんなノスタルジーに浸りつつ入場。テアトル新宿には座布団が用意してあって、これを上映室内の端のほうに引いて座りました。前に陣取っていたotaku風男子が「なんだか学校の体育館で映画を見てるみたい」と話してるのにおもわず深くうなづいたり。

あ、客層は本当にいろいろでした。otaku風少年はもちろん、若い女性のグループも結構いるし、親子連れやおばあちゃんもちらほら見かけた。さすがにギャルやチャラい感じのboyはいませんでしたが。

映画は、はっきり言って予想以上に面白かったです。思ったよりもコメディタッチだったんだけど、キャラが良く動くしテンポも良いので普通に面白かった。客席からまとまって笑い声が聞こえるってなかなかないですよ。

なんというか、主人公の真琴がもうすごくかわいかった(誤解を招きそうだが)。本当によく走ってよく笑ってよく泣く。「時をかける」っていうかもう普通に「かけ抜ける少女」といった感じ。上映時間の半分くらいなんだかんだで走っていたのではないか。各キャラクタの感情表現もちゃんとしてるけど嫌味なくて、難しいことを考えずに素直に見られる青春ドラマなんでした。

結構暗喩みたいな小ネタが仕込まれてたりして、こういうのもポイント高いです。例えば、主人公の叔母の役で登場する芳山和子の部屋にあるラベンダーとか、主人公が何度もタイムリープをすることになる道には「分岐点」の標識とか。探せばまだありそう。

さてさて、面白かったとはいえこんなマニヤックな映画を見に行ったのも、自分の中で「やっぱ夏はジュブナイルSFだよな!」というムーブメントが先月あたりから起こりだしているからなんでした。この「時かけ」もその一環だったりするんですな。ここを読むようなGeekたちにもぜひ何かいい本や映画を教えて欲しいものです。ぜひ!