北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Thursday, September 28, 2006

熟睡オートメーション。

これはいつか食わなければならないojiです。

と、言うわけで、前回の日記から数えて2週間。ようやく森博嗣の小説「カクレカラクリ」を読み終えたのでした。

ま、やっぱりドラマの30倍面白かった。ドラマではなんか腑に落ちない展開や伏線めいたものも散見されたんだけど、小説のほうを読んでみたら納得できました。なるほど、これをいじったらこうなったのか、という感じ。

ドラマで腑に落ちなかった点
1.結局「カクレカラクリ」というのはあの弓引きの人形だったのか?それとも最後にぶっこわして中を開けるあの箱なのか?それとも謎自体が「カラクリ」だったのか?

2.コカコーラ120年記念の作品ということで劇中でも「120年目の謎」ということがクローズアップされたわけだけど、あの解決では別に120年の必然性がないのでは。

3.いきなり都会の大学生をバイトに呼んで「謎を解くのに協力してください!」っつってもなあ・・。もちろんテレビドラマじゃありがちな展開だし、「TRICK」ではそれを逆手にとってパロディにしてたりするわけだけど(上田と奈緒子が訪れる秘境は毎回必要以上にうさん臭いとか)。

4.「星がきれいで有名な村だから行く」ってちょっと強引な気が。

5.カラクリ探しを助けたり邪魔したり、磯貝先生のキャラが結局良くわからん。

原作ははるかに自然な設定、展開、そして解決でした。まあ原作が先なのだから当然だけど・・・。上記の疑問もすっきり解決。うん、ミクシィの日記で「多分テレビ用にリファインというかその逆というかされていると思う」と書いたのだけど、思った以上にそのとおりだった。

「カクレカラクリ」は今までの森博嗣にはあまりないジャンルの話で、ミステリというより冒険小説っぽいと思う。主人公たちが宝を探し回り、いろいろな人に出会い、最後に姿を現す美しいもの。ま、やっぱり物語のテーマはしっかりと森博嗣であって、つまり、人が最もひきつけられるのは人の意思であり、その意思がなした仕事である、という思想。

でも、ドラマ版はそんなテーマは薄めて「青春もの」「友情もの」という面を押し出して描かれていたように思うのです。まぁそっちのほうがわかりやすいっちゃそうなんだけど。だから原作では副産物的だったエピソードがメイントリックになっちゃってたりする。森博嗣は意外と無駄なことは書かなくて、細かいディティールもテーマの伏線だったりするんだけど、それを無視してむやみに削ったり付け加えたりしてみたり。

マトリョーシカとか梅干とか、変な小エピソード入れてないで素直に原作の味を伝える意思で作ったほうが良かったんじゃないか、とは思うのですが。まあでもそれも難しいのかな・・・森博嗣を映像化しようとした、その意思はとりあえず評価したい。

原作を素直に映像化する、コレはすごく難しいかもしれない・・・ということを考え出すと朝になるので、またいつか書きます。とりあえずまんがや小説の映像化でみんなが感動したものを教えてください。あなたの声あっての「北風」でございますからコレ。

Wednesday, September 20, 2006

チャイニーズ・デイリィディッシュ・シンドローム。

実務はなくとも某通信機器メーカ認定プロフェッショナルのojiです。自慢のようですがうちの会社ではどっちかというと自虐です。

あいどーもー。
実に久しぶりですね。20日ぶりですか。

本当は書きたいことは山のようにあってですね、ケータイの機種変に散々悩んだこととか、ブロガーのベータ版を試してみようとか、よく外食をするようになっていろいろ珍しいもんを食ってみてるとか、「絶対可憐チルドレン」が子供の成長まんがだったはずが萌ラブコメ化しつつあるのが非常に遺憾でありこれを抗議する構えだとか、「R.O.D」のテレビ版がyoutubeに全話アップされてたのでちまちま見ているとか、そのためにyoutube動画をローカルに保存するツールを一通りそろえたとか。あいかわらずですね。

夏休みにはぶらっと名古屋に旅に出てまして、その旅行記を「S&Mシリーズのあの場所を実際に訪れてみる~犀川をめぐる冒険」と題して書くというポピュラリティすっとばし気味(いつも)な企画も立ててはいますが、まあまったく書かれてはおらず、書く内容も写真もすべてそろっているけどいつアップされるんだろう、と自問自答する日々。

実は9月に入って本社(大崎)に通うようになったのです。たぶんそんな環境の変化が原因なんだとは思います。自分は意外とそー言うのに弱くて、順応するのにかなりの時間を必要としてしまうのですよ。慣れるまではひたすら肉体と精神の疲労の日々。というわけでブログ書く気もなかなかおきず。むむー。

自炊する気もなかなかおきず・・・ついに駅前のスーパーに入ってる惣菜屋「中華飯店」のマスターに顔を覚えられました。ここの弁当がうまくてよく買ってしまうのです。「今日は疲れたなあ・・・晩飯は中華飯店でいいか」ってな具合で。本業が総菜屋のほうなので、弁当の具は結構豪華な感じだし、中華だから食材はいろいろ入ってるし、ご飯大盛り無料だし、500円だしということでここ最近は最低でも週イチで食ってました。そしたら今日、ついに

「オニーサンいつもドーモね。今日は角煮あるよ角煮」と声をかけられました。
(補足・中華飯店の従業員は全員中国人。)
(補足2・惣菜の残りで弁当を作っているからか、その日によって弁当の内容が違う。ま、何が入っててもハズレだったことはないけど)

「じゃ、角煮で」と僕。
「500円ね。ご飯大盛り?」(←すごいいい笑顔)
「大盛りで!」(←つられて笑顔)

というわけで弁当箱から飛び出しそうなほど角煮のつまった弁当を買って帰ったのでした。
中国人はあんまり営業スマイルはしないということを聞いたことあるけど、それも人によりけりだな、とか思った。ちょっと元気が出ました。

角煮うまいなあ角煮(進行形)。