北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Sunday, October 29, 2006

かわいく、かなしく、やさしいうた。

メガフレアがリフレクで防げるってガセかよ!ojiです。

予告どおり最近僕の心を引きちぎってやまない歌手のことを書こうと思います。

それは・・・奥華子です。誰かといえば最近コウダクミの歌がこの人のパクリではないかといわれてる人です。わからねーか。テプコ光のCMソングの人です。なおわからねーか。
「えー!マジかよ!」「誰だよ!」「メガネなら誰でもいいのか?」等の声が聞こえてきそうですが、マジです。

初めて知ったのはこの夏上映した映画「時をかける少女」の予告編をweb上で見たとき。主人公の紺野真琴が「いぃっ・・・けぇーーーーー!!」の掛け声とともにきれいな液体をまき散らしながらジャンプする映像にグッとくるわけですが、それのバックでかかっている主題歌もとてもマッチしてていいなあ、と思ったわけです。その主題歌「ガーネット」を歌ってる人こそわれらが奥華子。

あなたと過ごした日々を この胸に焼き付けよう
思い出さなくても大丈夫なように

いつか他の誰かを 好きになったとしても
あなたはずっと 特別で 大切で

またこの季節が廻ってく

(「ガーネット」より)


っかーーーいいですね。夏!青春!青空に消えた淡い恋!て感じで。バカヤロー(誰に言ってるんだ)。
この「ガーネット」とのカップリング曲も良いです。こちらは一人称「僕」でこの2曲が対になってる感じですね。


街灯にぶら下げた想い
いつも君に渡せなかった
夜は僕たちを遠ざけていったね

見えない心で 嘘ついた声が
今も僕の胸に響いている

(「変わらないもの」より)


タハハハハ、しょうがないなあもお。夜ですよ!街灯ですよ!(おそらく)そんな中二人きりですよ!ロマンチックですよ!言うなら今しかないっしょ!
でも言えない。これ以上踏み込んだらひょっとして今までの二人が壊れてしまうかもしれない、なんて、ありきたりな臆病。冗談で気持ちごまかしてあとで悔やんで。夜が悪いんだコンチキショー。

というわけで奥華子にあっさりKOされた僕はレンタル屋でアルバム「vol.best」をレンタル。ここでも・・・あああ・・。

君に会いたくて 君に会えなくて
せめて心変わりを僕のせいにして

誰かのぬくもりを 残したままでいい
僕のそばにいて欲しい

(「雲よりも遠く」より)


ひぎい!ですねまったく。誰よりも彼女に優しく、彼女を大切にしたい。それは変わらない思いだったはずなのに、今それができるのは自分ではなくて。今の自分が彼女しか見えないのと同様に、彼女は自分以外の誰かを見ている、という事実。いっそ死んだほうがいいのでしょうか。

まあ見てもらってわかると思うんですが、実はそこまで独創的な歌詞、というわけではありません。メロディもシンプルでどこにでもありそうな感じ。歌もぶっちゃけそこまでうまくない。けれども、なぜか耳に止まってしまう。とか思っていたらアルバムのライナーノーツのプロデューサのコメントに、ほとんど同じことが書いてありました。ちょっとウレシイ。

多分ピアノ弾き語りで、歌詞を一言ずつ大事に歌うよーなスタイルが楽曲にハマってるんだろうなあ、と思います。最近のアルバム「やさしい花の咲く場所」はなんだかストリングスとかのアレンジが入ってしまって、ちょっとイマイチだった。

でもそのアルバムの中の弾き語りの一曲、「帰っておいで」はよかった。僕が仕事もバンド活動もちょっと空回り気味で疲れ気味な帰り道、重い楽器かついでスーパーで牛乳なんか見てたときつけっぱなしのイヤホンから聞こえてきたのが・・・

速すぎる人の流れに 置いてかれそうになるけど
そんな時 誰かが僕に歌ってくれたんだ

おなかがすいたら帰っておいで
仕事を済ませて帰っておいで

今日のあんたはよくがんばった
文句も言わずによくやった

帰っておいで 帰っておいで
涙こぼれそうになったら帰っておいで

(「帰っておいで」より)


思わず24の男の目から涙があふれそうになってあわててイヤホンを引っこ抜きました。楽器持ってスーパーで買い物するだけで変な目で見られるというのに。危ない危ない。

このように僕の心を千々に乱す奥華子ですが、気がついてみれば今日もまたHDプレーヤから彼女の歌をチョイスしてしまう自分が・・・悲しい気持ちになるのはわかっているのに・・ああ、あああ。人はどうして涙を流したがるのでしょう。歌に限らず映画やテレビドラマでもそう。今日のブログも病んでんなあ。

いやあ歌というのは本当にすばらしいですね。ではまた、ご一緒に楽しみましょう。

2 Comments:

  • At October 30, 2006 11:35 pm, Anonymous wako said…

    奥華子、最近「みんなのうた」でやってたのを聞いて、割と好きな感じでなんとなく印象に残ってた。アルバム出てるのか。

    寒くなってきて、人恋しくなってきたんじゃないの、ojiさん。そんな社会人一年目の君にこの曲を送ろう。

    吉田拓郎 「元気です」

    誰もこっちを向いてはくれません
    一年目の春 立ち尽くす私
    道行く人々は 日々を追いかけ
    今日一日でも 確かであれと願う
    わずかにのぞいた 雨上がりの空を見て
    笑顔を作って “どうですか?”と 問いかける
    色んな事があり 愛さえ見失う
    それでも 誰かとふれあえば
    そうだ 元気ですよと 答えよう

    (以下2年め、3年めと続く)

     
  • At October 31, 2006 10:34 pm, Blogger oji said…

    いやいや、人恋しいのは前からですが・・
    やはり最近多少センチメンタルなんですかね。吉田拓郎もすぐさまチェックしたくなりました。

    今日本屋に言ったら、そのみんなのうたで使われた「恋つぼみ」をテーマにした絵本が売られてました。みんなのうたの映像をそのまま本にした感じなんです。

    これはひょっとして奥華子マイナーに流行の予感、ですかね!

    http://www.youtube.com/watch?v=OfXzvE0-_rw

     

Post a Comment

<< Home