北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Tuesday, March 13, 2007

O氏(oji)の隣人。

人生ツッコミ待ちのojiです。

最近の自分の生活の関心ごとといえばやはり一人暮らしに関することが多いので、今回もそのシリーズです。なにかというと「隣人が謎過ぎる」ということです。

謎過ぎるといっても、服装が派手とか夜中にうめき声がするとか部屋のドアに「デビル教団中野支部」とか書いてあるとか、そーいう類の謎ではありません。今のところに住み始めて2ヶ月になろうというのに、まったく顔をあわせることがないのです。誰かが住んでいるような痕跡は少しずつみられるのですが、どんな人がどんな生活をしているのかまったくわからない。引っ越したときに「やっぱり最初が肝心」と菓子折りを持って訪ねたんですが、土曜日曜月曜と三回通ってもついに会えませんでした。結局、菓子折りは自分で食べました

謎ポイントを列挙してみます。

1.雨戸が常に閉まっている。
2.なので洗濯物とか干してあるところをみたことがない。
3.でも物干し竿は出してある。何度盗もうと思ったことか。
4.もうひとつある窓にはアロエとか飾ってある。
5.マンションには部屋ごとに割り振られる自転車置き場があるんですが。隣人のスペースには自転車が止めてあります。部屋番号が書いたシールも張ってある。これでとりあえず隣に誰かいるらしい、ということはわかる。
6.職場の始業時間が少し遅いので、僕も朝出るのは遅いです。そのぶん帰るのも遅くなりがちです。しかし、隣人の自転車は僕が家を出るときには置いてあり、帰るときにはありません。で、また朝にはある。何の仕事をしてるんだ?
7.先週の月曜は、僕は休日出勤をした分の代休で家でごろごろしてました。その真昼間に隣からガラガラ・・・と雨戸を空ける音が!!隣からの生活音を聞いたのはコレが初めてです。雨戸が開くのもコレが初めてです。っていうか、お前は何の仕事をしているんだ?

いつもどおり妄想するに、
洗濯物を外に出さなかったり、窓辺のアロエから隣人は女性ではないか?
朝や帰りが遅かったり、平日に休みなのは、ディナー中心の飲食店等で働いているからではないか?よもや、ひょっとしてお水の人であることも無きにしも非ずかもしれない(どきどき)。
一応、オートロックのマンションなので家賃もそれなり。学生やフリーターって可能性は低いと思う。

うーん、現実はまだまだ謎のまま。これで隣人が実は男の学生で、だから朝も遅いし家賃は親が払ってます、なんていったらブン殴りたくなるところですが。

ここまで書いて思ったけど、隣人にしてみりゃ僕も十分謎なんだろーな。いつの間にか挨拶もなしに引っ越してきてるし。朝に雨戸閉めて夜に帰ってきたら雨戸開けるし。(朝に出かける前に雨戸を閉めるのは防犯のためで、夜に開けるのは翌朝窓から光が入らないと起きられないからなんですが。)

そんなこんなの東京一人暮らし。

Labels:

3 Comments:

  • At March 13, 2007 11:20 pm, Anonymous ほりぃ said…

    わたし1に当てはまります。
    この4年間数えるほどしか雨戸開けてません・・・

     
  • At March 14, 2007 5:43 pm, Anonymous wako said…

    新人の作家もしくはマンガ家とかだと面白いな。自宅兼仕事場になってるとか。

     
  • At March 29, 2007 1:58 am, Blogger oji said…

    >ほりぃ

    あらら、マジで?ということは隣に住んでるのは、ひょっとしてほりぃ?水臭いなあもう。・・・すまん。

    カビには気をつけてね。今度一人暮らしについていろいろ教えてください。

    >わこうさん

    えー!そんな隣人ならぜひお友達になりたいです。しかしどうやってコミュニケーションをとったものか・・・
    醤油を切らしたりすればいいですかね(笑)?

     

Post a Comment

<< Home