北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Friday, April 27, 2007

或るotakuとマンデリン。

「粋Z」は特に話題にする気もないojiです。

今日本屋に行ったら、山川直人の「コーヒーもう一杯」の新刊が出てたのですぐさま手に取りました。レジに行こうと思ったところで、その隣に同じく新刊「ナルミさん愛してる・その他の短編」が並んでいることに気づいたのです。

「おいおい、2冊同時発売なんて僕を殺す気かね・・・正確には僕の財布を」てな感じだったんですが、給料日直後ということもあって2冊同時にゲット。

「コーヒー」は3巻めになってネタ尽きてないかな・・・と多少心配だったんですが、相変わらず面白くて一話読むごとに「スゲェ!」「スゲェ!」と叫んでました(部屋で一人で)。「伝説のコーヒー職人ガテマラ・ジャックだ!」には爆笑しました。センス良すぎだろ。

もう一冊の「ナルミさん愛してる」もやばいですねこれは。ちょっと変わったどこにでもいる女の子のナルミさんを、彼女のそばでいつも見守るドミノの報われない恋のおはなしです。もー、久しぶりに胸のときめきがキュンキュンきました。どれくらいのときめきかというと、スーパーに行って何気なく並んだレジの担当の女の子が期せずして可愛らしかったときのときめきを3キュンとして、「ナルミさん愛してる」は67キュンくらい行きましたね。やー、今のはいいジャンプでしたねー、どうですか解説の亀ヶ森さん(何だこの例え)。

まんが話ついでに最近発掘し始めた誰もわからないまんがのことを書くと、やっぱり「CLOTH ROAD」です。「かみちゅ!」や「R.O.D」でおもしろい話を色々書いてた倉田英之脚本のまんが(まんがで脚本!)です。仮想の未来、繊維工業の発達によって布とコンピュータの一体化が行われ、ファッションブランドが世界の実権を握る時代。両親に捨てられた双子が唯一託されていたのは、誰にも作り方のわからない謎の布。成長した二人はその布を片手に両親を探しに旅に出る・・・というロードムービー風で熱いバトル満載のお話です。ま、よーするに「紙使いの次は布使いですか」って話なんですけど。なんせ絵が超絶に上手いし、エロいし、ストーリーは熱い展開の連続で非常によろしいです。

ってこの絵の方の担当のokamaって人、実は「かみちゅ!」でもかかわってましたね。元はえろまんが家だったようです。「かみちゅ!」まんが版作者の鳴子ハナハルって人もえろいまんが書いてた人だし、「R.O.D」のまんが版でも巻末にぎりぎりな絵がでてきたりするし、倉田英之とえろまんが家はきっても切れない関係のようですな。さすがは倉田英之、「自分にとって女性なんてtxtとjpgでじゅうぶんだ」と言ったとか言わないとか。ある意味兄貴と呼びたいですね(いいのかそれで)。

そんなotaku街道まっしぐらな僕が今非常に悩んでいることといえば、アニメーション「時をかける少女」のDVDを買おうかどうしようかということです。限定版はまあ無理として、通常版・・・5000円・・・ってかDVDプレーヤウチにないし・・。もっと25歳男子は他に金の使い道があるだろ、ってツッコミはナシの方向で。僕も耳をふさいでます。

1 Comments:

  • At April 28, 2007 2:32 am, Anonymous wako said…

    『かみちゅ!』は2巻で終わっちゃったねえ。マンガオリジナルの話を入れてきたりして、まだまだ続けられそうだったのにちょっと残念。

    『CLOTH ROAD』は古本屋で見掛けたら買ってみます。

     

Post a Comment

<< Home