北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Saturday, September 12, 2009

サマウォのこと・2

単純なハナシ、ojiです。

前回のサマーウォーズ感想が長くなったので、以下に雑感的なことを書き留めときます。まあまた思い出したら増えたりするかも。

・ちょっと三谷幸喜のドラマみたいかも、とか思った。ちょっとダメな人たちがダメなりに協力し合ってちょっといいことを成し遂げる、あの展開ね。まあ今回は必ずしもダメな人たちばっかじゃないんですけど。

・「時かけ」もそうだけど、「もう十分だよ」ってところにさらに展開を重ねてくるのがすげえですね。

・明らかに無理そうなラブマシーンへの戦いに、家柄の誇りと意地だけで男衆が立ち上がるのも面白いし、その上家族が団結して全員のアバターを賭けて勝負に出る、とかグッと来るし、最後はそれを見ていた世界の人々が次々に自分のアバターを差し出す展開なんかもう・・これで燃えるなって言うほうが無理です。

・色々葛藤のありそーなひねくれ者の侘助、結局は「おばあちゃんのことが大好きだった」て感じで単純に納得いってしまうなあ。いまどき珍しい素直な悪役だ。

・ケンジ君の成長譚か、と最初思ってまあ実際そうだったんだけど、しかしまあ実際イケメンですな。まあテンポ優先で彼の成長はそこまで掘り下げなかったからってのもあるけど。おばあちゃんが亡くなってからのかっこよさは異常だ。そりゃあナツキ先輩も惚れるわ。

・ナツキ先輩の入浴シーン・・どうでもいいけど一応「むむっ」とケンジ君的に反応してしまう自分がnikui。まあ「時かけ」でも真琴は風呂入ってたし、「ドラえもん」然り「水戸黄門」然り、ヒロインが風呂に入るのはエンターテインメントにとって歴史的に重要な要素なのですよ。とか言っとく。

3 Comments:

  • At September 12, 2009 5:17 pm, Anonymous wako said…

    確かに印象としては家族がテーマではないような。あれは家族じゃなくて、何かのサークルとか会社のどこかの部署とかに置き換えても成立しそうだし。まあでも、車で庭に乗りこむたびに何かにぶつけるシーンが繰り替えされる演出は、同じ血が流れてる感じで面白かった。そういえば時かけでもタイムジャンプするたびにいちいち頭をぶつけてたな。娯楽映画にテーマもクソもないけど、「家族っていいよね」というメッセージは伝わってくる。

    終盤で「数学と現実は違うんだよ」と言われて「同じです」と啖呵を切ったのには痺れた。文化系の弱い所を逆手にとったこのセリフ。かっこいい。

    純粋にエンターテイメントとして楽しめるアニメ映画を久しぶりに見た気がする。

     
  • At September 12, 2009 7:21 pm, Anonymous chava said…

    観てないのに読んじゃいました(笑)
    DVD出たら観てみますわ。

    前々記事のコメレス拝見いたしました。
    まぁあの部、というか高校自体、サブカルに抵抗がない人が多くて、あまりotakuである自覚はなかったです(苦笑)

    溜息終わりましたねー。
    溜息は実際、最後の方しかドラマチックな見所がないエピソードですからね…
    そして消失はやはり、今期ではやらないのか…
    てか驚愕は(略

    最近は今更ながら、マクロスFにハマっております。
    劇場版がなかなか楽しみ。
    でもブログに感想は書きません♪

     
  • At October 02, 2009 1:48 am, Blogger oji said…

    >ワコさん
    >娯楽映画にテーマもクソもない
    いやはや、全くそのとおりですね。別にテーマなんて入れたかったら入れてもいいけれど、やはり映画はまず娯楽であるのが一番!と思います。

    そういえば最近ルパンの「風魔一族の陰謀」をレンタルで観ました。ワコさんが好きな(?)「カリ城」よりアクションがすごかったですよ。おすすめです。

    >chava
    えー・・まだやってるとこ探して観に行こうよ。面白いから。

    ハルヒはまあ・・ねえ、この夏のことは夢みたいなもんだったと思うことにしよう。個人的には。そして驚愕のことも、いつかサプライズがあると信じてあえて忘れておきたい(笑)。

     

Post a Comment

<< Home