北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Friday, October 02, 2009

アニメをクソミソにけなす日。

「草食系の殻を破れない肉食系」と言われたojiです(実話)。

夏アニメ感想、disり編です。まあ読み流してつかあさい。

・化物語
僕ははっきり言ってアンチ西尾維新なのですが、なんか評判がいいので試してみることにしました。・・・まあドラクエのレベル上げしながらなんですが。

ところが、意外とそのときに見た「まよいマイマイ」編が面白かったんですよ。いや、僕はロリコンではありません。一見無意味そうな会話劇の繰り返しなんだけど、それが最後の謎の解決の伏線というか布石にちゃんとなってたんですよね。「母の日にプチ家出する主人公」という舞台設定も一役買って綺麗にまとまっておりました。

「なんだ、西尾はやればできる子じゃないか・・」とか思ってたんですが、そんな思いも現在完了形。すでに思い終わっている感想でしかなかったのでした。他の話はまーどーでも良くて特に内容もなくていかにも西尾維新的で活字で読んだら半ページずつ読み飛ばすレベルでした。

僕は、こーいう登場人物の会話やら独白やら設定やら、そういった物語の「修飾」が本当にただの「飾り」になっててストーリィとは特に関係ない、というのが我慢ならんのですよ。まあ飾りが好みに合えば別にいいんでしょうけど・・・ひたぎさんがアララギ君をいじめてるのは楽しいし。いや、僕はマゾではありません。


・うみねこのなく頃に
前作「ひぐらしのなく頃に」のアニメは特に視聴せず、原作を読もうと携帯配信版の第一話をDLするも事件が起こる前に読むのを挫折したという苦い経歴を持つojiなんでした。ですが、今度こそ・・・、今度こそは流行に少しでもついていっていっぱしのアニメotakuになりたい・・ッッ!!ざわっ・・!!と割とどうでもいい動機で視聴することに。

しかし、つまんねえな(ばっさりか!)。物語の構造はとりあえず把握したつもりで、「事件を解決するか降参するかまで永遠に時間ループが続く魔女のゲーム」「明らかに本物の魔法を使えてる魔女に対して『事件には魔法が使われていない』ことを証明しなければならない」という設定です。その設定自体は面白いと思うのですが、まあそれで物語が面白いかは別な話であって。「ひぐらし」も後からネタだけ聞いたら面白そうだったし。

なんというか、登場人物の発言が適当というか雑というか・・、すぐ自己矛盾するというか・・さっきまで言ってたことと全く違う行動に出たりして、これは何かの伏線かと思いきや特に何事もなくストーリィが進んでいったりで、観てる方はついていけません。

あとちょっと精神のトんでる悪役とか子供とかが、すぐに脈絡もなくケタケタ笑い出す演出ね。はっきりいって平成も20年を過ぎた頃にこんな陳腐なキャラ立てにお目にかかるとは思いませんでした。90年代末期から00年代初頭にかけてサイコサスペンスやホラーが流行った時期には過剰なほどに見かけたもんですが・・。今さら恥ずかしいっていうか、うざい。

つーわけで観るのがとても辛いです。未視聴分が着々とHDDにたまりつつあるわけだが・・どうしようかな・・。観てる人か原作読者にオチだけ教えてもらいたい。

次のクールはささめきことは観るかな。倉田英之信者なので。「THE☆宇宙ショー」はいつ公開しますか?

その他気になるもの。
「空中ブランコ」
良く見たら奥田英朗の「空中ブランコ」・・だと・・

「聖剣の刀鍛冶」

いかにもどーでもよさげな萌えアニメだと思ったら制作がマングローブ(「サムライチャンプルー」や「ミチコとハッチン」とかのオサレアニメを作ったところ)・・だと・・

「荒川アンダーザブリッジ」

僕は「聖☆お兄さん」よりこっちの方が好きだが・・なんとシャフトで新房監督でアニメ化・・だと・・

2 Comments:

  • At October 04, 2009 5:06 pm, Anonymous chava said…

    絶望先生で新房×シャフトに興味を持った私も、化物語、先日観てみましたが、スプラッタ的描写に耐えられず、すぐ観るのを止めてしまいました…
    苦手なんですわ…

    私もとりあえず、ハルヒ新作云々のことはしばらく忘れます…

    秋は今のところ、観る予定のアニメはないですわ。

     
  • At October 05, 2009 11:21 pm, Blogger oji said…

    あー・・、確かに化物語というか西尾維新には、何の前触れもなく突然スプラッタな表現が入るからなあ。僕もそーいうのはあまり好きではない。

    アニメを観ないのもまた一つの選択・・しかし一ついえることは、毎週観る番組があるというのは一週間の速さを実感するということでもあったりするのだ。

     

Post a Comment

<< Home