北風に千鳥格子

なりゆきで始まった超私的ブログ。更新凍結。近日ネットの藻屑と消えます

Monday, July 12, 2010

春のアニメの感想そのいち。

ついにアニメ感想ブログ化おめでとう!おめでとう!すべてのojiにおめでとう!です。(もはや自己紹介ですらない)

まあ前回予告した「春アニメ」感想編です。これ書いてて思ったんだけど、「アニメ感想」ってすべて観終わった後より、進行中でやってるものについて書くほうが面白いんですよね。書くほうも読むほうも。

書くほうは今後の展開予想とかいろいろ妄想できるし、読むほうも面白そうなら「じゃ、ちょっとチェックしてみるか」ってなるし・・・まあ、今後の反省点ということで。

長くなったので二回に分けてアップします。

・にちようび
「荒川アンダーザブリッジ」

「聖☆お兄さん」で一躍カネを稼いだ中村光がけっこう前から連載してたまんがのアニメ化。原作をガンガン消費するテンポが気持ちいい。

正直、最近よくある漫才みたいなツッコミの入るギャグ漫画には辟易してたんですよ。必ずツッコミ役がいて「オイィ!XXかよ!」みたいなツッコミをいれるやつ。でもこれはわりと観れちゃった感があります。パターンがそれだけでもないからかな。

あとオープニングが非常に良い。やくしまるえつこは明らかに歌はうまくない方なのになぜか耳に残る魅力がある。ojiの幾千ある恥ずかしい秘密のうちのひとつは相対性理論のCDを持っていることです。

・げつようび
「閃光のナイトレイド」

「アニメノチカラ」2作目にして「アニメノチカラとはなんだったのか・・」とネット上で散々叩かれた問題作。

ま、僕は好きだけどな!こーいうの!「歴史の裏には実はスパイのこんな活躍があった」モノも好きだし、「地味に超能力を使うスパイ」モノも大好きなのでまあ非常に僕得な話でした。スパイ仲間の二人が、日常のシーンでときどき政治について論じてたりするのもニヤリとしてしまうし、それがのちの展開への伏線になっているところも上手い。

まあいろいろアラはあるしキャラ萌えはないし、せっかくカッコいい葉加瀬太郎のテーマ曲が(おそらくは使用料の関係で)劇中でさっぱり使われないというのもひどい点である。でも「歴史スパイ」という面倒くさいし流行らないB級映画テーマを取り上げてくれたことは評価したい。つまり僕は好きだけどな!こーいうの!というわけです。

・かようび
「けいおん!!」

これに関してはこないだも書いたし、まだ進行中なのでいつか別枠で書きます。まあ、僕はあえていうならムギ派であることを宣言しておきます。人生でこんな宣言する機会皆無だし。まゆげをキリッと吊り上げてピントのずれた発言をするところがたまらんのですよ。

・もくようび
「四畳半神話体系」

これは僕の今期最強アニメですね。まあ森見登美彦原作で中村佑介の絵・・・という時点で僕が観ない理由はないわけですが。

まず最初に観たときに「そうきたか!」となりました。もともと原作も「パラレルワールドもの」なんですが、そこでは主人公の「私」はそれぞれの世界でハッピーエンドを迎えます。ところが、アニメでは必ず毎週の最後で自分の選択を後悔する流れになるんですね。そして「あのときあのサークルを選んでいれば・・」というモノローグとともに時間が巻き戻る描写を挟んで次回へ続く、てな感じ。

毎週続くアニメーションという形態に合わせた脚色となっていて、もうこれだけで「グッド!」て感じでした。

時折挿入されるオリジナルエピソードも、原作独特の「私」の思想や口調を非常に上手く踏襲しております。あと明石さんがかわいい。毎回毎回盛大に空回る「私」、いつかは幸せになれるのか・・?と観てるほうもヤキモキさせられ、あと明石さんがかわいい。最終回に至るころには、原作を脚色したうえであえて原作より一歩進めたテーマ性を持っていることに気づかされ、これが「メディアミックス」の醍醐味だなあ、と思う間にも明石さんがかわいい。

「小津先輩、死にます!」は名言だなあ。うん。他のアニメはまたいつか。

2 Comments:

  • At July 13, 2010 5:34 pm, Anonymous chava said…

    色々ご覧になってたんですね。
    何だか拝見してると、気になるものがいくつか…
    遅ればせながら、チェックしてみようかしら。

     
  • At April 28, 2013 1:17 am, Anonymous Anonymous said…

    処方眼鏡を着用しultizingの最初のコンセプトは直
    混入というイメージでした

    Feel free to visit my web site ... miumiu アウトレット

     

Post a Comment

<< Home